スバル「インプレッサ」にe-BOXER搭載車とSTIスポーツ追加! 新デザインの「XV」も発売

スバル「インプレッサスポーツ」と「XV」の改良モデルが、2020年10月8日より発売されました。インプレッサはハイブリッドのe-BOXER搭載や「STIスポーツ」グレードの追加、XVは内外装のデザインが変更されました。

インプレッサとXVが一部改良して同時に発売

 スバル「インプレッサスポーツ」の改良モデルが、2020年10月8日に発売されました。今回の改良では、ハッチバックタイプのインプレッサに、電動技術「e-BOXER」を搭載したグレードとして「アドバンス」および「2.0e-L アイサイト」が追加されます。

スバル「インプレッサ STIスポーツ」
スバル「インプレッサ STIスポーツ」

 e-BOXERを搭載モデルは、モーターアシストによる軽快な加速を実現。また「SI-DRIVE」と協調するアダプティブ変速制御「e-Active Shift Control」を採用し、コーナリング時によりスポーティで愉しい走りをサポートします。

 アドバンスは、エクステリアをグレーメタリック色のフロントグリルやアルミホイール、リアスポイラーでコーディネートし、インテリアをネイビーとライトグレーを基調とした落ち着いた色合いとすることで、上質さと先進性を感じさせる仕様としました。

 さらに、インプレッサのスポーティさをより際立たせ、STIのチューニングによって上質な乗り心地を実現した最上級グレード「STIスポーツ」も新たに設定されました。

 足回りには、フロントサスペンションにSTIチューニングのSHOWA製メカ式減衰力可変ダンパーを採用。快適な乗り心地と俊敏でスポーティな走りを高い次元で両立しています。

 またSTIスポーツシリーズ初となるFF車も設定され、前輪だけに駆動力が加わる走行特性を活かし、より軽快な走りを実現しました。

 STIスポーツのエクステリアは、各部にブラックカラーのパーツを採用するとともに、専用ボディカラーとして「セラミックホワイト」と「WRブルー・パール」を設定。

 インテリアはレッドステッチでコーディネートすることで、スポーティさを演出しています。

 新型インプレッサの価格(消費税込、以下同様)は、ガソリン仕様が200万2000円から246万4000円、ハイブリッド仕様(e-BOXER搭載)が256万3000円から278万3000円、STIスポーツが270万6000円から292万6000円です。

 なお、今回の一部改良では、セダンの「インプレッサ G4」に変更はありません。

※ ※ ※

 インプレッサから派生したSUVの「XV」についても、改良モデルが同日より発売されました。

 内外装のデザインが変更され、エクステリアはフロントグリル内部のメッキバーにアクセントを施すとともに、17インチ/18インチアルミホイールに新デザインを採用。SUVらしい力強い印象に刷新されました。

 ボディカラーには「プラズマイエロー・パール」を設定することで、スタイリッシュさとSUVらしい力強さを感じさせる仕様としました。

 内装では、「1.6i-L アイサイト」および「アドバンス」のインテリア仕様が変更され、カラーコーディネートやシート表皮を見直し、より上質で先進的な印象を高めています。

 走行性能では全グレードでサスペンションを改良。SUVらしいしなやかさとスポーティさを高い次元で両立しました。

 さらにe-BOXER搭載車は、インプレッサと同様にアダプティブ変速制御「e-Active Shift Control」を搭載しています。

 安全性能では、見通しの悪い交差点や、駐車・発進時にドライバーの視界をサポートする「フロントビューモニター」がオプション設定されました。

 新型XVの価格は、220万円から298万1000円です。

スバル・インプレッサスポーツ のカタログ情報を見る

【画像】インプレッサにSTIスポーツ追加! ワイルドに進化した新型XVとは?(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント