日産新型「エクストレイル」が登場! より洗練されたイメージに昇華

日産は2020年10月7日、「エクストレイル」の仕様を一部向上し、11月5日より全国で一斉に発売すると発表しました。

より洗練されたイメージに昇華

 日産は、同車の本格SUV「エクストレイル」の仕様を一部向上し、2020年11月5日より販売を開始します。

日産 新型「エクストレイル」
日産 新型「エクストレイル」

 エクストレイルは、本格SUVならではの高い走行性能や、さまざまな先進安全機能、そして運転支援技術「プロパイロット」で、多くのユーザーから支持を得ているモデルです。

 また、電子制御4WDシステム「インテリジェント 4×4」を搭載する4WDのグレードは、あらゆる路面に対応する本格4WD車として、高い評価を受けています。

 今回の仕様向上では、外装色や内装の質感を向上し、より洗練されたイメージに昇華させました。

 外装のフロントグリル、フロント・リアバンパー下部、ドアロアモール、バックドアフィニッシャーは、ダーククロームに仕様を変更され、アウトドアハンドルは外装色と同色の仕様となりました(20S Vセレクション、20S HYBRID(4WD)は対象外)。

 さらにアルミホイールを全車ダークカラーとすることで、落ち着きのある上品な外観となっています。

 内装は、運転席、助手席にパワーシートを標準装備。さらに、「本革巻マニュアルモード付きシフトノブ」を全車標準装備し、快適性だけでなく、山道などのワインディングロードの走行時における操作性が向上しています(20S Vセレクションは対象外。パワーシートは、運転席はスライド、リクライニング、リフター、ランバー、助手席はスライド、リクライニングの調整を電動でおこなえます)。

 また、「20Xiレザーエディション」と「20Xiレザーエディション Vセレクション」、「20Xi HYBRIDレザーエディション」にはオプションで、シックなブラックのレザーシートを設定。4WDのガソリン車は全グレード、特別仕様車「Vセレクション」となりました。

 新型エクストレイルの価格(消費税込 以下同様)は、316万1400円(20Xi 2WD 2列シート)からです。

【画像】より洗練されたイメージとなった日産「エクストレイル」を見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. エクストレイルとバッチ違いのアメリカローグは10月末にフルモデルチェンジで販売らしいから、日本ではフルモデルチェンジはだいぶ先かそのまま廃番のコースだろうな。
    そうなるとその情報を知っている人は様子見で、知らない人にしか売れないだろうな。
    このタイプは廃止してアリアとキックスになるんじゃないの?

  2. 新型っていうから見に来たらマイナーチェンジじゃねぇか

  3. 仕様変更を新型と言うんですか…。誤解を招く記事です。

  4. このタイミングでマイナーチェンジしたということは、現行ガソリンモデルをしばらく存続するということになるのでは。そうであれば新型エクストレイルはe-power専用(少なくとも当初は)という可能性が高いのではないでしょうか(ノートと同様に)。メーカーの情報をそのまま記事にするのではなく、新型エクストレイルとの関係もしっかり取材してほしい。

  5. まだ フルモデルチェンジしないのですね…
    古いモデルの仕様変更で引っ張り過ぎでは?
    あとvグリルがカッコ悪いのを気づかないんですかね…
    これだから 今の日産はダメだと思います

  6. マイチェンかよ(笑)
    てか、フォレスターがいかにお得感があるのか、良く分かりました(笑)

  7. この車ダメですよ。会社で使ってるけど、10万キロ越えたら足回りガタガタだし、ドアの開閉音も軽自動車の様になりました。砂利道いったら分解しそう。

  8. 新型じゃないから、広告詐欺だろこれ。今すぐ消せよ