日産新型「フェアレディZ」はどこがイケてる? スポーツカー好き女子がチェック!

日産が世界初公開した新型「フェアレディZ」。スポーツカー乗りの女子目線で細かくチェックしてみました。

女子目線で新型フェアレディZをチェック!

 日産が2020年9月16日に世界初公開した新型「フェアレディZ」が話題です。12年ぶりのフルモデルチェンジとあって、世界中から注目されています。

大注目の日産新型「フェアレディZ」(プロトタイプ)
大注目の日産新型「フェアレディZ」(プロトタイプ)

 新型フェアレディZは男性陣からアツイ視線が注がれていますが、女性も気になっています。

 そこでスポーツカー乗りの女性編集部員(愛車はスバル「BRZ」のMT)、新型フェアレディZをチェックしてみたいと思います。

 新型フェアレディZのデザインは、初代S30のシルエットを取り入れ、ロングノーズ・ショートデッキをより強調し、これまで以上に流麗なクーペスタイルになりました。

 アメ車のスポーツカーのようなカッコ良さもありつつ、フェアレディ(美しいお嬢さん)の名にふさわしいエレガントさも身につけているのではないでしょうか。

 その一方で、女子的にはロングノーズすぎるとボンネットの先が見えなくて運転しづらそうだなと思ってしまうのですが、シートを目いっぱい上まで上げて前が見えるのかが気になるところです。

 細部を見ると、新しさのなかに歴代モデルのオマージュした部分があり、ちょっとレトロな雰囲気もあります。

 初代Zの240ZGをイメージした「こ」の字のLEDヘッドライトは、パッチリした目でちょっとかわいらしい感じ。

 逆にテールライトは先進的で、ブラックアウト部に4代目となるZ32風の横基調のライトを配置して、Zならではの光の演出が楽しめます。

 ちなみに、新型フェアレディZのヘッドランプはひらがなの「こ」ですが、BRZはカタカナの「コ」の字のヘッドライトです。同じ「こ/コ」でも、ひらがなとカタカナではヘッドライトの印象がだいぶ違うものです。

 新型フェアレディZのデザインで気になる部分は、グリルの大きな開口部です。

 四角いグリル開口部は現行モデルよりも大型化しているのですが、プロトタイプのボディカラーが鮮やかなイエローだったので、ブラックの開口部がより目立っています。

 ラジエータなどを冷却する機能も持ち合わせているのだと思いますが、少しグリルが主張しすぎているような感じを受けました。

 ガンメタやブラックのボディカラーであれば、開口部が目立ちにくくなるのかもしれません。また、この部分にどのようにしてナンバープレートを装着するのかも興味深いところです。

【画像】レトロな外観でも室内は未来っぽい! 新型フェアレディZがイケてる!(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. いい歳こいて女子って表現もう止めませんか、タイトルと本文の一部にあった女子(男子も違和感がある)って表現が淑女(レディ)には似合いません。

  2. クーペに注目する女子なんて希少種だろw
    ハリアーとかの方が人気ありそう

  3. 自分なりに、変えていくのも、楽しい点デスョ

  4. 嫁が新型フェアレディZのMTの購入を検討しているので、辛辣な意見もあるかと思いますが、女子目線での記事や試乗記は色々書いて欲しいです!
    リクライニングできるか、シートヒーターはあったまるか、車幅感などが運転しやすいかなども大事ですよねー
    NDロードスターはそのあたりが秀逸で、嫁も気にいってるんだけど、新型Zはどうなるか…