パイオニアが緊急通報機能を後付けできるドライブレコーダーを発売開始

パイオニアは、JAFとのサービス連携により「つながる」安心・安全を実現した緊急通報機能付き通信ドライブレコーダーを発売しました。

緊急通報機能付き通信ドライブレコーダーは市販市場初

 パイオニアは、 市販ドライブレコーダーとして業界初となる緊急通報機能付きの通信ドライブレコーダー『ドライブレコーダー+』を、2020年11月中旬より公式オンラインサイトで販売します。

 正式な販売に先駆けて、 クラウドファンディングサービス「Makuake」において、9月30日から10月30日まで先行販売もおこなわれます。

TMX-DM04-CS-FRC(2カメラタイプ)
TMX-DM04-CS-FRC(2カメラタイプ)

 昨今、 ドライブレコーダーは不測の事故に備える一般的なツールとして認知され、 その需要は伸長し続けています。
 
 一方で、 ドライブレコーダーの普及以降も重大な事故が後を絶たず社会問題化しており、 不測の事態への対応に関する社会的関心はさらに高まりを見せています。

 これらの背景を受け、 パイオニアは 株式会社日本緊急通報サービスの「HELPNET」サービスを利用した警察・消防への迅速な通報、 一般社団法人日本自動車連盟(以下「JAF」)のロードサービスに連携する緊急通報機能付き通信ドライブレコーダー『ドライブレコーダー+』を発売します。

 ドライブレコーダー+は上記の緊急通報機能に加え、登録した家族のLINEやメールアドレスにも緊急事態を通知するなど、 ドライブレコーダーに「つながる」安心と安全を実現しています。

 なお、 「安全で快適なクルマ社会の実現」に向けた社会貢献活動の一環として、 売上の一部を交通安全に関する活動をおこなう団体などに寄付するとのことです。

●緊急通報機能付き通信ドライブレコーダーの特長
・3つの「つながる」安心機能

1、専門のオペレーターからトラブル対応のプロに「つながる」緊急通報機能
2、家族に「つながる」見守り機能
3、AI分析による高度な安全運転支援システムに「つながる」事故防止機能

・充実したドライブレコーダー機能
ドライブレコーダーとして初となる「あおりみなされ予防機能」を搭載。ドライバーが意図せずにあおり運転をおこない、 加害者になることを未然に防ぎます。

また、衝撃検知機能や急加速/減速、 急ハンドルといった危険挙動警告などのドライブサポート機能のほか、 タッチパネルや大型スピーカー、 複数のマイクなど走行中の緊急通報でもクリアな会話が可能なインターフェースを採用しています。

・サブスクリプションでのサービス提供
ドライブレコーダー端末代と通信サービス利用料を含むサブスクリプションサービスとして、通信ドライブレコーダーの各機能、 緊急通報時のオペレーターサービスなどが提供されます。 初期購入費用を抑えた求めやすい月額料金で 「つながる」安心が提供されます。

・サブスクリプション価格
TMX-DM04-CS (1カメラタイプ)1,980円/月(税別)
TMX-DM04-CS-FRC (2カメラタイプ)2,480円/月(税別)
発売予定:パイオニア Webサイト内 オンラインストアにて11月中旬より発売開始

【画像】ドラレコは走行中以外でも役に立つ! 人気の機能とは(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント