ホンダはSUVにも強い? ヴェゼルを圧倒する「デカすぎ5m級SUV」とは!?

ホンダのSUVラインナップは多種多様で、海外専売モデルまで目を向けると全長5m級のSUVも取り揃えています。国内外にはどんなホンダSUVがあるのでしょうか。また、ホンダSUVをけん引する存在となるモデルはいったい何なのでしょうか。

全長5m級! デカすぎ? ホンダ「パイロット」

 ホンダは、国内外でさまざまなボディサイズのクルマを販売しています。世界的に人気の高いSUVカテゴリにおいてもそれは同様で、コンパクトSUVから大柄なボディサイズのモデルまで多くのSUVを展開。日本では展開されないSUVも多く存在します。

 ホンダが販売するSUVには、ボディサイズごとにどのような車種があるのでしょうか。グローバル市場で販売されるモデルから日本には導入されない海外専売モデルに至るまで、さまざまなモデルを見ていきます。

ホンダ「パイロット」
ホンダ「パイロット」

 ホンダブランドのなかで最大となるSUVが、アメリカ市場で展開される「パイロット」です。ボディサイズは、全長4991mm×全幅1996mm×全高1793mm、ホイールベースは2819mmに設定されています。

 搭載されるエンジンは最高出力280馬力を発揮する3.5リッターV型6気筒ガソリンで、アイドリングストップ機構が全車に標準装備されるなど環境性能にも配慮されています。

 トランスミッションは9速ATで、スポーティな走りを演出するパドルシフトも装備されています。駆動方式はFFと4WDの2種類です。

 ホンダには、パイロットに迫るボディサイズのSUVとして、同じく北米で展開される「パスポート」(全長4838mm×全幅1996mm×全高1833mm ※一部仕様除く)や、中国で展開される「アヴァンシア」(全長4858mm×全幅1942mm×全長1675mm)などがあります。

※ ※ ※

 一方、ホンダでもっとも小さいSUVが「WR-V」です。ボディサイズは、全長4000mm×全幅1734mm×全高1599mm、ホイールベースは2555mmで、南米市場をはじめとした地域で販売されます。

 ベースとなっているのは3代目「フィット」(海外名:ジャズ)で、フロントマスクを大幅に変更し、さらにフェンダー周りやルーフ、バンパーをSUVテイストに仕上げた、別モデルのような雰囲気を作り上げました。

 搭載されるエンジンは1.5リッター直列4気筒で、ブラジルならではのガソリンとエタノールどちらにも対応した「フレキシブル・フューエル・ビークル」仕様としています。仕向地によっては、1.5リッター直列4気筒ディーゼルもラインナップされます。

 組み合わされるトランスミッションは、仕向地ごとに異なりCVTや5速MT、6速MTなどが存在。駆動方式はFFのみです。

 日本市場などで販売される4代目フィットには、SUV風グレード「クロスター」が設定されていることから、フィット クロスターとWR-Vは立ち位置が近いといえるでしょう。

 なお、日本市場で独立モデルのSUVとして販売されるなかで、もっとも小さいクルマは「ヴェゼル」(海外名:「HR-V」、全長4330mm×全幅1770mm×全高1605mm)となります。

【画像】デカすぎ! 5m級ホンダSUV!? 「パイロット」などを画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント