高級車なのに走りを極めたモデルとは!? 高性能セダン3選

ラグジュアリーセダンなのにコーナリングマシン!?

●ホンダ「レジェンド」

高級車ながらコーナリングマシンというホンダらしさあふれる「レジェンド」
高級車ながらコーナリングマシンというホンダらしさあふれる「レジェンド」

 1985年に発売されたホンダ初代「レジェンド」は、北米での販売を視野に入れたフラッグシップモデルとしてデビュー。

 新開発の2リッターと2.5リッターV型6気筒エンジンを搭載し、高い静粛性と走行性能を誇り、ブリスターフェンダーの採用など、スポーティなラグジュアリーセダンとなっていました。

 代を重ね2004年にモデルチェンジされた4代目では、それまでの280馬力という出力自主規制値を日本車のなかで初めて超えた最高出力300馬力を発揮する、3.5リッターV型6気筒エンジンを搭載。

 ドライブトレインには、4輪の駆動力を制御することで、高いコーナリング性能を実現する世界初となるシステム、「SH-AWD(スーパーハンドリングAWD)」を採用しています。

 SH-AWDは、カーブの内側と外側それぞれのタイヤの駆動力だけでなく前後の駆動力も制御し、4つのタイヤのグリップ力を最大限に引き出すというもので、高いコーナリングスピードと安定した走りを両立していました。

 ハイパワーなエンジンとSH-AWDは高く評価され、高級セダンながらスポーツカーにも負けない走りは驚異的とも評されたほどです。

 これほど高性能な4代目レジェンドでしたが、高級セダンに重要な押し出し感が弱いデザインだったためか、販売は低迷。

 2008年には排気量が3.7リッターとなり309馬力にパワーアップされ、重厚なフロントフェイスに一新されましたが、販売台数は伸びることはなく2012年に販売を終了。ここでレジェンドの系譜は一旦途絶えてしまいました。

※ ※ ※

 シーマやアリストが誕生した頃は、電子デバイスも今ほど発展しておらず、まだ荒削りな高性能車でした。

 一方で、4代目レジェンドはハイテク満載で、SH-AWDは現行モデルの「NSX」にも受け継がれています。

 どのモデルも大いに魅力的ですが、これほど尖った性能の高級セダンはこの先出てこないでしょう。

ホンダ・レジェンド の中古車をさがす

【画像】怒涛の加速が魅力!? 往年のスーパーセダンを見る(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事