SUV界の王者!? トヨタ最小と最大のSUVは全長何m差? 多種多様すぎるトヨタSUV王国

トヨタのSUVラインナップは多種多様で、コンパクトSUVから全長5mオーバーのSUVまで取り揃えています。国内外にはどんなトヨタSUVがあるのでしょうか。そして、トヨタSUVをけん引する存在となるモデルはいったい何なのでしょうか。

全長4m級から全長5mオーバーまで! さまざまなトヨタSUV

 世界のさまざまな地域で新車の販売をおこなうトヨタは、取り扱う車種のボディサイズも、小さな車種から大きな車種までさまざまなものがあります。それは世界的に人気の高いSUVにおいても変わりません。

 トヨタが手掛けるSUVには、ボディサイズごとにどのような車種があるのでしょうか。日本専売モデルや海外専売モデル、そしてグローバル市場で販売されるモデルまで、さまざまなモデルを見ていきます。

トヨタ「ライズ」(写真左)とトヨタ「セコイア」(写真右)
トヨタ「ライズ」(写真左)とトヨタ「セコイア」(写真右)

 トヨタブランドのSUVで最小のモデルとなるのが「ライズ」です。

 乗車定員は5名で、ボディサイズは全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mmと、日本で販売されるBセグメントコンパクトカーにも近いサイズ感となります。日本の道路環境でも扱いやすいといえるでしょう。

 なお、軽自動車づくりや小型車づくりを得意とするダイハツ「ロッキー」のOEM車となります。

 搭載されるエンジンは、1リッター直列3気筒ターボで、最高出力98馬力を発揮。組み合わされるトランスミッションはCVTで、駆動方式はFFと4WDの2種類です。

 なお、ライズよりやや大きいトヨタブランドのコンパクトSUVとしては、日本も含めたグローバル市場で販売される「ヤリスクロス」(日本市場から先駆けて販売)や「C-HR」があるほか、「カローラクロス」など日本市場へ導入されていないSUVも存在します。

 また、今後発売される新たなコンパクトSUVとしては、インド市場へ2020年11月ごろに導入される予定の新たなモデルとなる「アーバンクルーザー」が存在します。

 ボディサイズはまだ明らかになっていないものの、アーバンクルーザーはスズキが現地で生産する「ビターラブレッツァ」のOEM車で、ビターラブレッツァのボディサイズが全長3995mm×全幅1790mm×全高1640mmとなることから、登場すればライズと同等の全長を持つトヨタコンパクトSUVになると予想されます。

※ ※ ※

 一方、トヨタで最大のボディサイズを持つSUVが、北米市場で販売される「セコイア」です。

 車名の由来となったセコイアとは、アメリカに自生する世界一の高さまで成長する巨木の名前です。大きいものでは樹高100mに達するものもあるといわれ、その大きさから採用されました。

 乗車定員は7名/8名で、ボディサイズは全長5210mm×全幅2029mm×全高1956mmです。ライズとの全長の差は約1.2mに達します。

 搭載されるパワートレインは5.7リッターV型8気筒と6速ATの組み合わせで、最高出力は381馬力を発揮。駆動方式はFRとフルタイム4WDが選べ、4WDではセンターデフにロック機構が装備されるなど、悪路走破性も意識されています。

 起伏のある場所などでボートやトレーラーなどをけん引する際に重要なシフトチェンジのタイミングを適切にする「TOW/HAULモード」を搭載するなど、北米市場でのニーズにも対応しています。

 ちなみに、日本のトヨタのSUVラインナップでもっとも大きいSUVは「ランドクルーザー」で、ボディサイズは全長4950mm×全幅1980mm×全高1870mmとなります。

【画像】デカすぎ! 全長5mのランクル超えSUV!? トヨタ「セコイア」などを画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント