スポーツ志向強め? ホンダ新型「N-ONE」は超進化! 同社「N-WGN」との違いは

ホンダは、新型軽自動車「N-ONE」の2020年秋のフルモデルチェンジに先駆けて、2020年9月11日に同車の先行情報を公式ウェブサイトで公開しました。ホンダには新型N-ONEと同じ後席ヒンジ式ドアの軽自動車として「N-WGN」が存在しますが、両車はどのような違いがあるのでしょうか。

新型「N-ONE」 同じ後席ヒンジ式ドアの「N-WGN」とはどう違う?

 ホンダは、2020年秋にフルモデルチェンジする新型軽自動車「N-ONE」の情報を同社ウェブサイトで2020年9月11日に先行公開しました。

 同社には、新型N-ONEと同じ後席ヒンジ式ドアの軽自動車として「N-WGN」が存在しますが、両車はどのような違いがあるのでしょうか。

ホンダ新型「N-ONE」
ホンダ新型「N-ONE」

 N-ONEは2012年に初代モデルが発売され、2020年秋に登場する新型モデルは2代目となります。

 一方、N-WGNは2013年に初代モデルが登場し、2019年には2代目モデルへフルモデルチェンジしています。

 両車のフルモデルチェンジにおいて、大きな違いとして挙げられるのが外装デザインの変化です。

 N-WGNは、初代モデルではボディサイドに力強いキャラクターラインが配され、ヘッドライトも標準モデル・カスタムモデルともにツリ目の形状が採用されていました。

 しかし現行の2代目モデルでは、フロントからドア、リアゲートまでハリのあるなめらかな面で構成されており、ヘッドライトも丸目の標準モデル、四角い目のカスタムモデルと、素朴かつ愛嬌のある外観へイメージチェンジ。初代モデルと2代目モデルでデザインは大きく変化しました。

 一方N-ONEは、初代モデルと2代目モデルでデザインがほとんど変わっていません。

 初代モデルの発売時、ホンダはN-ONEのデザインについて、「1967年に発売されたホンダ初の市販軽乗用車『N360』のデザインをモチーフにした、親しみやすく長く愛されるハッチバックスタイルで、個性と先進性を表現しています」と説明。

 親しみやすい丸目のヘッドライト、後続車からも見えやすい四角いリアランプ、安定感を演出する台形フォルムという、「丸・四角・台形」というフォルムが、新型N-ONEにも受け継がれています。

 なお、新型N-ONEには軽自動車で初のLEDデイタイムランニングが採用され、初代モデルから継承された可愛らしいフロントフェイスに磨きがかかっています。

【画像】中身は超進化! 外観はどう変化? 8年ぶりに刷新した新型「N-ONE」 実車を見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント