スバル新型「レヴォーグ」は良い? カローラツーリング&マツダ6と荷室で比較してみた!

2020年10月15日に正式発表されるスバルの新型「レヴォーグ」ですが、すでに8月20日から先行予約を開始しています。今回は、そんな注目度の高い新型レヴォーグと国内市場で人気のトヨタ「カローラツーリング」、同じDセグメントのマツダ「マツダ6」とステーションワゴンの重要なポイントとなる荷室を比較してみました。

ステーションワゴンをけん引するのはやっぱりスバル?

 数少なくなった国産ステーションワゴンにおいて確固たる地位を確立しているスバル「レヴォーグ」。2代目モデルとなる新型レヴォーグは、2020年8月20日より先行予約が開始し10月15日に正式発表を予定しています。
 
 では、ほかの国産ステーションワゴンと比べて、新型レヴォーグの使い勝手はどうなっているのでしょうか。

気になるステーションワゴンの荷室を比べてみた!  カローラツーリング(左)・新型レヴォーグ(中)・マツダ6(右)
気になるステーションワゴンの荷室を比べてみた! カローラツーリング(左)・新型レヴォーグ(中)・マツダ6(右)

 レヴォーグは、「レガシィツーリングワゴン」の後継車種として、2014年にDセグメントのステーションワゴンとして初代モデルが登場しました。

 新型レヴォーグのパワートレインは、新開発1.8リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジンが搭載され、最高出力177馬力/最大トルク300Nmを発揮。先代モデルの1.6リッターターボエンジンと比べると、7馬力/50Nmアップしています。

 先進安全性能では、新世代の「アイサイト」を全車標準装備しているほか、次世代安全装備ともいわれる「アイサイトX」が新たに設定され、「EX」グレードに装備されます。

 また、レヴォーグをはじめステーションワゴンの人気なポイントは、目線の高さなどセダン同等の運転感覚かつ、大容量のラゲッジスペースという「使い勝手」が特徴です。

 2020年9月時点の国産ステーションワゴンでは、レヴォーグ以外にトヨタ「カローラツーリング」「プリウスα」、マツダ「マツダ6」、ホンダ「シャトル」などが販売されています。

 今回は、そのなかでも売れ筋のカローラツーリングと、レヴォーグと同じDセグメントとなるマツダ6と比較していきます。

 まずは、ボディサイズです。新型レヴォーグは全長4755mm×全幅1795mm×全高1500mmとなり、先代モデルに比べて全長が+65mm、全幅が+15mmとサイズアップが図られています。

 一方のカローラツーリングは、全長4495mm×全幅1745mm×全高1460mmとひとつ下のCセグメントに属するサイズです。

 マツダ6は全長4865mm×全幅1840mm×全高1450mmと3車種のなかで、もっとも大きく全幅も1800mmを超えています。

 では、ステーションワゴンの特徴でもあるラゲッジスペースではどうでしょうか。

 新型レヴォーグは、荷室長1070mm×荷室幅1602mm×荷室高771mm、ラゲッジ容量は通常時で492リットルとなっています。

 カローラツーリングは、荷室長930mm(最大荷室長1953mm)×荷室幅1464mm×荷室高755mm、ラゲッジ容量は通常時で392リットルです。なお、デッキボードは両面使用することができるリバーシブル仕様となり、2段階の高さ変更が可能です。

 マツダ6は、荷室長1100mm(最大荷室長1790mm)×荷室幅1550mm×荷室高700mm、ラゲッジ容量は通常時で506リットル。

 また、マツダ6の特徴して「カラクリトノボード」を採用。トノカバーとは、リヤゲートの開閉に合わせて自動的に上昇し、その都度トノカバーを格納しなくてもラゲッジの荷物を出し入れ出来る機能です。

 なお、カローラツーリングやマツダ6に記載されている最大荷室長とは、2列目のシートを倒した場合の長さを表しており、新型レヴォーグでは最大荷室長については詳しい数値は出ていないようです。

 スバルの販売店スタッフは「現行がおよそ1900mmなので、それよりもやや長くなっているくらい」と話しており、十分な広さを持つようです。

 新型レヴォーグのサブトランク(デッキボード下段部)は、まん丸な形状で長さは682mm、幅は696mm、高さは290mmという広さを誇ります。容量は69リットルとのことなので、デッキボード上段部と合わせれば最大容量561リットルとなります。

【画像】「カローラ」「レヴォーグ」「マツダ6」 気になる荷室を比較!(45枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. レヴォーグ…間違いなくいいクルマだと思います。メンテナンスフィーも含めて、欧州車よりはるかに扱いやすい事必至です。残念なのは、デザインでしょう。面の繋がり…造形美…これが何とも未熟なのです。惜しい…ディテールさえ磨き込めば、世界中で認められる事、間違いなしなのに!