競争激化で軽が格安で買える? ダイハツとの首位争い スズキ13年ぶりの奪還なるか

現在の軽自動車の販売トップはダイハツですが、主力モデルの販売不振などにより、かつて1位だったスズキが首位奪還する可能性が出てきました。2020年後半の軽自動車市場を取り巻く状況は、どのように変わっていくのでしょうか。

ダイハツが軽自動車トップを譲れない理由とは

 昨今は軽自動車の人気が高く、新車として売られるクルマの40%近くを占めます。販売が好調な背景には「ダイハツvsスズキ」の競争があります。

ダイハツとスズキの競争が激化
ダイハツとスズキの競争が激化

 軽自動車販売1位を巡る争いのため、両社の商品は新型車を発売する度に魅力を高め、価格が割安になっているのですが、2020年後半にはこの両社の競争が激烈になりそうです。

 2020年1月から7月の軽自動車届け出台数(全国軽自動車協会連合会のデータ)は、ダイハツが29万4073台で、スズキは28万9746台です。

 ダイハツが1位を保っているものの、両社の差は4327台とほぼ同等になったことから、今後、軽自動車販売1位を巡る激烈なバトルに発展する可能性が高いです。

 ちなみに1973年から2006年までは、34年間にわたりスズキが軽自動車の販売1位でした。それが2007年にダイハツが1位に入れ替わり、スズキは2位に後退したのです。

 2014年(暦年)だけはスズキが1位になりましたが、この年を除くと、2007年以降はダイハツが一貫して1位を取り続けています。その状況が2020年は変わる可能性があるのです。

 軽自動車を中心に扱うメーカーにとって、販売1位にはどのような価値があるのでしょうか。ダイハツの販売店に尋ねると、以下のように返答されました。

「軽自動車は、全長や全幅、エンジン排気量が同じです。そのために各車の機能と価格も似ています。ダイハツの『タント』とスズキの『スペーシア』では、メカニズムや装備が違っても、外観と車内の広さは同じように見えます。

 軽自動車のお客さまにはクルマに詳しくない人も多いので、似通ったダイハツ車とスズキ車で選択に迷うことも少なくありません。このときに大切なのが、軽自動車販売1位の実績です。

 たくさん売れている信頼性をアピールすると、納得して購入されます。その意味でも軽自動車販売1位は譲れません」

 ライバルメーカーとなるスズキの販売店からは、違う意見も聞かれました。

「いまのスズキは、軽自動車だけでなく、コンパクトカーにも力を入れています。軽自動車の好調な販売が今後も長く続くとは限らず、小型車の『ソリオ』や『スイフト』、『イグニス』なども積極的に扱っています。

 従って以前ほど軽自動車の販売1位にこだわりませんが、最近は『N-BOX』を中心にホンダも売れ行きを伸ばしています。日産も『デイズ』に続いて『ルークス』が新型になり、軽自動車を好調に売っています。

 軽自動車販売で3位のホンダと4位の日産が伸びてくると、スズキの存在感が薄れる心配もあります。『ハスラー』のライバル車になる『タフト』をダイハツが発売したこともあり、これから競争は激しくなるでしょう」

 以前のスズキは軽自動車メーカーとされましたが、いまは状況が変わり、2020年1月から7月の販売実績を見ると、国内で売られたスズキ車の18%が小型/普通車です。

 ダイハツもコンパクトSUVの「ロッキー」が売れ行きを伸ばしましたが、小型/普通車比率は11%です。スズキは小型車の売れ行きも着実に伸ばしています。

 しかしスズキの販売店のコメントにもあった通り、ホンダの動向も見逃せません。

 2020年上半期(1月から6月)の軽自動車のベスト3は、1位がホンダ N-BOX、2位がスズキ スペーシア、3位がダイハツ タントでした。

 1位から3位はすべて全高が1700mmを超える軽自動車ですが、車種としての1位はダイハツやスズキではなく、ホンダなのです。

 しかも2020年上半期のN-BOXの累計販売台数は10万1454台に達しました。2位のスペーシアは6万5323台ですから、N-BOXは突出して売れています。

 ここまでN-BOXに勢いがあると、軽自動車販売2位のスズキはホンダを脅威に感じます。1位のダイハツだけでなく、3位のホンダに対抗する意味でも穏やかではいられません。

【画像】高身長な軽がモテる!? 人気のスーパートールワゴンをチェック(39枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント