スバル新型「レヴォーグ」デザインも「初」!? 機能美を実現した国産ステーションワゴン3選

2020年8月現在、機能性とデザインを融合している国産ステーションワゴンには、どのようなモデルがあるのでしょうか。10月に発表予定のスバル新型「レヴォーグ」をはじめとした注目ワゴン3車種をピックアップして紹介します。

国産ワゴン市場、車種数は少ないながらどれも魅力的?

 近年、国産車ではあまり選択肢が多くないといわれるステーションワゴンですが、2020年10月に発表されるスバル新型「レヴォーグ」をはじめ、注目車がないわけではありません。

 2020年8月現在、機能性とデザインを融合している国産ステーションワゴンには、どのようなモデルがあるのでしょうか。3車種をピックアップして紹介します。

スバル新型「レヴォーグ」
スバル新型「レヴォーグ」

●スバル新型「レヴォーグ」

 スバルは、2020年8月20日に2代目となる新型「レヴォーグ」の先行予約を開始しました。発表は同年10月15日を予定しています。2014年に発表された初代レヴォーグから、6年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

 新型レヴォーグのボディサイズは全長4755mm×全幅1795mm×全高1500mm(参考値)と、従来から全長は65mm、全幅は15mm拡大されました。

 デザインはキープコンセプトとしつつ、スバルのデザインフィロソフィー「ダイナミックソリッド」の進化系である「BOLDER(ボールダー)」を量産車初採用。

 フロントのヘキサゴングリルはより明確な六角形とし、ボクサーエンジンのピストンをモチーフにした「コの字」のヘッドランプを小型化して外側に配置することでワイド&ローなデザインとなっており、スポーティさや力強さが表現されました。

 ボディ後半を絞り込むことで塊感のあるスタイルとしたほか、リアのコの字のコンビネーションランプもワイド感を演出しています。

 搭載されるパワートレインは1.8リッター水平対向ターボと新型リニアトロニックCVTの組み合わせです。

 また、自動車専用道路での先進運転支援システム「アイサイトX(エックス)」をはじめとした最先端の安全技術にも注目が集まっています。

 新型レヴォーグのグレードは、エントリーグレードの「GT」、中間グレードの「GT-H」、最上級グレードの「STIスポーツ」という3グレード展開で、予定価格(消費税抜)はGTが280万円台、GT-Hが300万円台、STIスポーツが330万円台ということです。

●マツダ「マツダ6ワゴン」

 2020年8月時点で、マツダの現行ラインナップに残るステーションワゴンは、フラッグシップモデルの「マツダ6 ワゴン」のみとなります。

 現行モデルのデビューは2012年で、セダンとワゴンのふたつのボディを設定。2019年に旧車名の「アテンザ」から、グローバルで使用されていたマツダ6に国内でも車名が変更されました。

 マツダ6ワゴンのボディサイズは全長4805mm×全幅1840mm×全高1480mmと、フラッグシップモデルにふさわしい堂々としたサイズです

 外観は、マツダのデザインコンセプト「魂動デザイン」が表現された流麗なデザインが特徴。塗装は「匠塗 TAKUMINURI」と呼ばれるマツダ独自の塗装技術が採用され、質感の高さが評価されています。

 エンジンのバリエーションは豊富で、2リッター自然吸気と2.5リッター自然吸気および2.5リッターターボのガソリンエンジンに、2.2リッターのクリーンディーゼルを加えた全4種から選べます。

 組み合わされるトランスミッションは、ガソリン仕様は6速ATのみ、そしてディーゼル仕様は6速ATと6速MTが設定されています。

 マツダ6ワゴンの車両価格(消費税込、以下同様)は289万3000円からです。

スバル・レヴォーグのカタログ情報を見る

マツダ・MAZDA6ワゴンのカタログ情報を見る

【画像】新世代ワゴンのデザインとは!? 新型「レヴォーグ」などを画像でささっと見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント