新型トヨタ 86/スバル BRZは新たにアイサイト採用で2.4Lエンジン搭載か

フルモデルチェンジが近づいているトヨタ「86」とスバル「BRZ」ですが、次期型はどのようなモデルになるのでしょうか。現時点でわかっている情報をもとに予想してみます。

次期86&BRZはどうなる!? 新型モデルを予想してみた

 トヨタとスバルが共同開発したFRスポーツカーのトヨタ「86」とスバル「BRZ」は、2012年のデビューから8年が経過し、フルモデルチェンジが近づいています。

赤が映えるトヨタ「86 GRスポーツ」(現行モデル)
赤が映えるトヨタ「86 GRスポーツ」(現行モデル)

 すでにBRZは2020年7月20日に受注終了。86についてはそのようなアナウンスはおこなわれていませんが、実際は在庫のみの対応になっているようです。

 フルモデルチェンジの準備が着々と進んでいる状況だといえますが、新型86/BRZはどのようなモデルになるのでしょうか。

 新型モデルは現行モデルと同じく、トヨタとスバルで共同開発されます。これは2019年9月に両社の新たな資本提携の合意のリリース内に記された「トヨタ86/スバルBRZ 次期モデル共同開発」からも明らかです。

 そんななか、公道テスト中の開発車両のスクープが話題となっています。厳重な偽装がほどこされていますが、これが新型モデルであることは間違いないと思われます。

 このスクープ写真からわかることや、独自に入手した情報を元に、新型86/BRZについて予想してみたいと思います。

 外観について、基本的なフォルムは現行モデルを受け継ぎつつ、フロントとリアを中心にデザインが刷新されるようです。

 フロントは先進的なヘッドライトと大きく口を開けたグリルが特徴。テスト車両が86なのかBRZなのかはわかりませんが、トヨタの「GRモデル」の共通のデザインである「ファンクショナルマトリックスグリル」にも、スバルの「ヘキサゴングリル」にも見えます。

 リアは大胆な変更が加えられており、シャープなテール処理が施され、リアオーバーハングが短くなっているようにも見えます。

 内装は、現行モデルではやや簡素なデザインですが、新型モデルのデザインはわかっていません。

 ただ、操作系は現行モデルと大きく変わらないものの、モータースポーツのデザインを採用する可能性があるという話も聞かれるので、現行モデルとは違った雰囲気になることが考えられます。

 2+2の4人乗りという点や居住性は現行モデルと同様で、さらに後席を前に倒して荷室容量を拡大するとタイヤが4本搭載可能なところは、現行モデルでもこだわった点だといえ、この機能は踏襲するとされています。

【比較画像】兄弟だけどちょっと違う!? 「86」と「BRZ」をチェック!(33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 結局は単なる高額なスポーツカーって落ちだったな。
    これで若者の車離れとか?ゲームが原因とかよく言うよw
    イチイチ、口数ばかりの評論家やレーサーに初乗りさせるくらいなら何で本来売りたい若者達に試食させないのだろうか?