スバル新型「レヴォーグ」手放し運転可能に! 6年ぶり全面刷新で次世代支援システム「アイサイトX」搭載

スバル新型「レヴォーグ」は、アイサイトに新機能が追加されます。さらに、上級仕様には「アイサイトX」と呼ばれる高度運転支援システムが装備されるのですが、どのようなシステムなのでしょうか。

「アイサイトX」がスゴすぎる!

 スバル「レヴォーグ」がフルモデルチェンジし、2代目となる新型モデルが登場します。新型レヴォーグは、プラットフォームやエンジン、内外装のデザインなどが一新されますが、先進安全性能が一段と進化します。

手放し運転が可能になった「アイサイトX」
手放し運転が可能になった「アイサイトX」

 新型レヴォーグの安全機能として全車標準装備される最新版の「アイサイト」は、広角化した新ステレオカメラに加え、前側方レーダーや電動ブレーキブースターを新たに採用。後側方レーダーやリアソナーも搭載することで、高度な予防安全性能を実現しました。

 新たに自車右折時の対車両(自車速1km/hから約20km/h)、自車右左折時対歩行者(自車速約10km/hから約20km/h以下)、対横断自転車(自車速約20km/hから約60km/h以下)といった場面で衝突を回避する「プリクラッシュブレーキ」の作動領域を拡大しています。

 さらに、ブレーキ制御だけでは衝突回避が困難な場合にシステムが操舵制御をおこない、衝突回避をサポートする「プリクラッシュステアリングアシスト」(約80km/h以下)と前側方レーダーで接近車両と検知し、警報とブレーキ制御で衝突回避をサポートする「前側方プリクラッシュブレーキ・前側方警戒アシスト」をスバル初搭載しました。

 また、車線変更・逸脱時に、隣接する車線の接近車両を検知し、警報とともにステアリングを制御して逸脱を抑制する「エマージェンシーレーンキープアシスト」をスバル国内初搭載しています。

 これらのアイサイトの新機能に加え、各グレードに+35万円で装備できる先進運転支援システムとして「アイサイトX(エックス)」が登場しました。

 アイサイトXとは、準天頂衛星「みちびき」やGPSからの情報と3D高精度地図データを利用した自動車専用道路専用の先進運転支援システムで、より安全で正確な高度運転支援システムとして実現したものです。

 アイサイトXには、3D高精度地図ユニットやクルマの制御状態を表示する「12.3インチフル液晶メーター」、ドライバーを見守る「ドライバーモニタリングシステム」、ハンドルを保持していることを検知する「ステアリングタッチセンサー」といったデバイスも搭載されます。

 高速度域では、前走車がいない状態でもカーブの手前で減速する「カーブ前速度制御」や高速道路の料金所前で減速制御して安全に通過する「料金所前速度制御」(約20km/h前後)とともに、ウインカーを出すだけで車両が車線変更をおこなってくれる「アクティブレーンチェンジアシスト」(約70km/hから約120km/h以下)もスバルとして初めて実現しました。

 渋滞時は、ステアリングを自動操作することで手放し運転が可能になる「渋滞時ハンズオフアシスト」(約50km/h以下)や、停止と発進を繰り返す渋滞においてスイッチ操作なしで前走車についていく「渋滞時発進アシスト」を実装しています。

 さらにスバル初となる「ドライバー異常時対応システム」は、急病などでドライバーが運転できなくなった場合の事故リスクを下げるため、車線内で減速・停車までおこなう機能です。

 ツーリングアシスト中や渋滞時ハンズオフアシスト中、ハンドルを握るように要求があってもドライバーが反応しない場合に作動。ハザードランプの点滅やホーンを鳴らすことで、周囲の車両に異常を知らせる機能も備わります。

※ ※ ※

 新型レヴォーグでは、コネクティッドサービスもスバル国内初導入されます。

 事故発生時にオペレータへ自動通報して救援を要請する「先進事故自動通報(ヘルプネット)」や身体的に救援が必要な場合にボタン操作で発信してオペレータ経由で緊急機関と連携する「SUBARU SOSコール」、車両の救援を要する場合にオペレータ経由でロードサービスを手配する「SUBARU iコール(安心ほっとライン)」といったサービスを提供。

さらに、盗難警報装置作動時にアプリなどにアラートを通知する「セキュリティアラート」や警告灯点灯時にアプリなどにアラートを通知する「故障診断アラート」、リコールお知らせ機能やソフトウエアの更新といったさまざまな機能を備え、より安心・安全なクルマを実現しました。

スバル・レヴォーグ のカタログ情報を見る

【画像】スバル新型レヴォーグは手放し運転できる! 写真でチェック(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント