生活様式にフィットする? ホンダ渾身の新型「フィット」 発売半年で人気は変化したのか

2020年2月に約6年半ぶりとなるフルモデルチェンジを果たし、販売台数でも好調を維持しているホンダ「フィット」。ガソリン車とハイブリッド車でそれぞれ5つのタイプが用意されていますが、人気のタイプは一体どれなのでしょうか。

好調維持のホンダ「フィット」 人気のタイプは?

 ホンダのコンパクトカー「フィット」は2001年2月に初代モデルが発売。2020年2月には、2013年9月以来となるフルモデルチェンジを果たし、現行の4代目フィットとなりました。
 
 新型フィットには、ガソリン車とハイブリッド車(e:HEV)、2WD/4WDをそれぞれ選ぶことが可能なうえに、ライフスタイルに合わせた5つのタイプを設定していますが、発売から半年経った現在ではどの仕様が人気なのでしょうか。

5つの異なるタイプで幅広いユーザーに対応! 新型フィット登場半年の人気度合い
5つの異なるタイプで幅広いユーザーに対応! 新型フィット登場半年の人気度合い

 日本自動車販売協会連合会によると、フルモデルチェンジ前の2020年1月には1735台に留まっていた販売台数が、フルモデルチェンジ後の翌月2月には全体7位の8221台を記録。翌3月には1万4845台を販売し、月間の販売目標台数である1万台を上回る好調な滑り出しを見せました。

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発せられて以降も販売台数は伸び、2020年上半期(1月から6月)の販売台数は1位トヨタ「ライズ」の5万8492台、2位「カローラ」の5万7235台に次ぐ、5万29台を記録するなど好調な販売台数を維持。直近の7月販売台数では9213台と、コロナ禍の最中でも販売台数を伸ばしています。

 新型フィットの異なる5つのタイプは、シンプルな「BASIC(ベーシック)」を基本として、生活に馴染むデザインと快適性を備えた「HOME(ホーム)」、アクティブに過ごしたいユーザーのための「NESS(ネス)」、週末の外出などエンジョイライフに応える「CROSSTER(クロスター)」、そして、上質さを備えたスタイリッシュな「LUXE(リュクス)」です。

 ホンダによると、フルモデルチェンジから約1か月後の2020年3月16日時点での受注数は、ガソリン車に対してe:HEV車が72%、タイプ別では「HOME」が47%、「BASIC」が19%を占めていたとしています。

 そこから約6か月が経過した8月時点ではその人気に変動はあるのでしょうか。ホンダの販売店スタッフは以下のように話しています。

「現在、人気のタイプはHOME、次にCROSSTARといった状況です。

 HOMEは装備内容と価格のバランスが評価していただいています。フィットであってフィットでないといったデザインで、今までのモデル像とは異なる点が人気の要因かと思います。

 とくにCROSSTERは、唯一の3ナンバー車で、ほかのタイプと異なるSUVテイストの外装加飾や車高が上がっていることから、最近のアウトドアユーザーのニーズにマッチしていて好評です。

 フィットのなかでもっとも高級感あるLUXEは、フィットよりも大きなモデルからのダウンユーザーや、扱いやすいコンパクトカーでも上質さを求める高齢層に人気となり、それぞれ異なるユーザー層となっている印象です」

【画像】みんなにフィットする!? 新型「フィット」の違いを見る!(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント