トヨタの快進撃は続く!? 2020年7月に一番売れた乗用車とは

日本自動車販売協会連合会が、2020年7月の乗用車ブランド通常名別順位を発表しました。

トップ3はトヨタが独占!

 日本自動車販売協会連合会(以後 自販連)による、2020年7月の乗用車ブランド通称名別順位が発表されました。

トヨタ 「ヤリス」
トヨタ 「ヤリス」

 発表によると、2020年7月の乗用車ブランド通常名別順位第1位は、同年2月に発売されたばかりのトヨタ「ヤリス」の1万4004台でした。これは、発売直後となる3月に記録した1万3164台を上回る記録で、新型コロナウイルスの感染拡大による自粛の影響を乗り越え、クルマでの移動が見直されるWithコロナの時代に選ばれたモデルといえるでしょう。

 ヤリスは、かつて「ヴィッツ」の名で販売されていたコンパクトカー。ガソリン仕様とハイブリッド仕様がラインナップされ、価格は139万5000円(消費税込)からとなっています。

 次いで第2位は、トヨタ「ライズ」の1万2283台。ライズは2019年11月に登場して以降、激戦となっているSUV市場において、常に販売台数上位にランクインしています。

 同乗用車ブランド通称名別順位によると、2020年上半期(1月から6月)では、5万8492台を販売し普通車でトップを記録する人気ぶりです。

 ライズは、ダイハツ「ロッキー」のOEM車として2台同時に発売され、トヨタ「RAV4」のようなタフさをイメージさせるデザインや全長4m以下という日本の狭い道路事情にマッチしたサイズ感が最大の魅力となっています。

 そして第3位はトヨタ「カローラ」の1万994台。カローラは、1966年に初代モデルが発売されて以来33年間もの間、年間販売台数1位を守り続け、2019年には累計生産台数は4750万台を突破。

 現在、日本市場では12代目となったカローラシリーズが販売されており、ラインナップはカローラ(セダン)/カローラツーリング(ワゴン)、カローラスポーツ(ハッチバック)となっています。

【画像】2020年7月に売れたクルマトップ5をチェック!(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 車のニュースって冒険心0だよな、トヨタ讃えて三菱の前会長を叩く記事載せたりで
    業界を全て販売台数として括るのは完全な間違いで、レンタカーや自社登録にリースに所有権を分別して評価するべきだろうに
    当然に秩序欠ける記事はいただけないが、少しは販売台数から切り離して車を評価する術はないものだろうかね?