流行りのSUVの新定番? 車体色に「くすみカラー」が人気な理由とは

最近流行りのSUVですが、ボディカラーに特徴があるモデルが増えています。なかでも「くすみカラー」の車体色を揃えるモデルが注目されていますが、それはなぜなのでしょうか。

曇り空みたいなくすんだ水色のボディカラーが新たな定番に!?

 クルマを購入する際に重視することとして、以前は燃費や経済性を挙げるユーザーが多かったのですが、最近ではボディカラーを重視する人が多くなっていることが市場調査によりわかっています。

クールグレーカーキの「XV」が一番人気
クールグレーカーキの「XV」が一番人気

 とくに昨今ブームとなっているSUVでは、独自のスタイルで個性を打ち出すモデルが多く、特色のひとつとしてボディカラーにこだわったモデルが存在。

 白、黒、シルバーといった定番カラーや、オレンジ、赤、黄色といった鮮やかなカラーに加え、カーキといった落ち着いたボディカラーなどが用意されていますが、最近は、「くすみカラー」の車体色が設定されているSUVが存在感を増しています。

 くすみカラーとは、鮮やかな色とは異なり、グレーがかったようなくすんだニュアンスカラーで、ファッションにも取り入れられてトレンドになっています。

 スバル「インプレッサ」のSUV版「XV」は、カジュアルな雰囲気と悪路走破性も兼ね備えたモデルとして人気ですが、同車の車体色としてくすみカラーが取り入れられました。

 カタログやウェブサイトなどでメインに使われている訴求カラーとして、「e-BOXER」と呼ばれるハイブリッドシステムを搭載した「アドバンス」グレード専用となる「ラグーンブルー・パール」という鮮やかなターコイズブルーが用いられていますが、XVでもっとも人気があるボディカラーは「クールグレーカーキ」だといいます。

 クールグレーカーキは、水色がかったソリッドグレーで道具感を演出。「ファン×アドベンチャー」を表現する車体色として設定されました。

 なおクールグレーカーキは、「レヴォーグ」や「レガシィ アウトバック」、「WRX STI」の限定車「S208」、「BRZ」の限定車「STIスポーツ クールグレーカーキエディション」などに設定された実績があります。

 XVのクールグレーカーキについて、スバルは次のように説明します。

「ポップでカジュアルなミリタリー感に加え、モダンや軽快さ、スポーティさ表現するライトグレーを融合したようなカラーを目指しました。

 従来は、白やシルバー、黒といった無彩色が多数を占めていたのですが、クールグレーカーキはXVのボディカラーで上位にランクインする人気カラーです」

 2019年度のXVの販売において、全体の33.5%の人がこのクールグレーカーキを選んでおり、同車では1番人気の色となっています。

 なお2位以下は、クリスタルホワイト・パール(18.2%)、ラグーンブルー・パール(9.3%)、サンシャインオレンジ(8.2%)と続きます。

 購入者の反響も上々のようで、「個性的だけど目立ちすぎない」「年齢や性別を選ばない」「アウトドアでも街中でも似合う」などの声があり、どのようなシーンでも映えるところが好まれているようです。

 また、「街中で走っているのを見て購入したという人が多い」とスバルはいいます。人気のボディカラーを選ぶ人が増えるほど、相乗効果で販売台数も増えているといえます。

※ ※ ※

 人気SUVのひとつであるトヨタ「RAV4」にも、くすみカラーが取り入れられています。

 ワイルドさが際立つ「アドベンチャー」グレードに設定されている「アーバンカーキ」は、グレーがかったカーキ色で、アウトドア志向のRAV4を引き立てる車体色として注目されています。

【画像】新たな定番色に? くすみカラーのクルマってどんな色?(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 目に優しい色だからでしょ、光沢ばかりでは疲れる