固形ワックスは面倒くさい!? 手軽なコーティング剤が主流でも根強い人気がある理由

誰でも手軽に施工できるコーティング剤が主流ですが、固形ワックスはいまでも一定の需要があります。固形ワックスの良いところとは、どのようなことなのでしょうか。正しい使い方も紹介します。

ボディに被膜を作るコーティングとボディに乗せるだけの固形ワックス

 梅雨時は「せっかく洗車してもまた雨だし」ということで、本格的な洗車を後回しにしていた人も多いでしょう。

 梅雨が明けて夏本番となったいま、愛車の洗車に勤しんでいる人も多く見られ、コイン洗車場はなかなかの賑わいを見せています。

根強い人気の固形ワックス
根強い人気の固形ワックス

 せっかく洗車でクルマを綺麗にしたあと、できればその状態を長く維持するために最近人気となっているのが、簡単に施工できるコーティング剤です。

 施工方法は、洗車した後のボディにシュッとスプレーをして拭き上げるだけです。なかには濡れたままのボディにも使えるものや、ボディだけでなく窓ガラスにもそのまま使えるものもあり、簡単かつ手軽にコーティングができるということで人気になっています。

 その一方で、いまだにカー用品店の一角を占めるのが固形ワックスです。昔ほどではないにしろ、いまでも一定数の需要があるといいます。いまでも固形ワックスを使う理由とは、一体なんなのでしょうか。

 そもそもコーティングとはその名の通り、ボディ表面に化学的に皮膜コーティングの層を形成するものです。そのため、持続期間も数か月というように長期に渡って効果をうたうものが多いのが特徴のひとつとなっています。

 一方の固形ワックスは、ツヤ出し効果のある蝋が主成分となり、深いツヤが最大の特徴です。ただし、ワックスはボディの塗膜の上に乗っているだけなので、長期間にわたってそのツヤ感をキープできないというデメリットもあります。

 つまり、わざわざ固形ワックスを使うユーザーは、コーティング剤では出すことのできない、水に濡れたときのような深いツヤに魅力を感じているというわけです。

 とくにワックスを塗り込んで拭き上げたときの輝きは得もいわれぬものがあるそうで、完全な自己満足の世界ながら根強い需要があるのも頷けるところでしょう。

【画像】意外と簡単!? 愛車がツヤツヤになる固形ワックスの正しい使い方

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. コーディング剤に無い固形ワックスの輝きがたまりません、洗う度にワックス掛けてます、本当に自己満足ですけどね、固形ワックスのあのぬペートとした輝きが辞められないです、ワックスだけでも、5個位を使い分けて使ってます。