ホンダ初代「インテグラ タイプR」は至高のチューニングカーだ! 最速と呼ばれたFFスポーツカーを振り返る

ホンダ初の「タイプR」となった「NSX」に続いて登場した「インテグラ タイプR」は、サーキット走行を想定して開発されたピュアスポーツとして、タイプRを身近な存在にした立役者です。この初代インテグラ タイプRを振り返ります。

ストイックに速さを追求したFFスポーツカーの誕生まで

 ホンダは1992年に「NSX」をさらに高性能化したモデル「NSXタイプR」を発売。日常での普段使いを無視したようなハードな足まわりや、快適装備を取り去るなどによりストイックなまでに軽量化を施し、サーキット走行を前提に開発されました。

記録よりも記憶に残る初代「インテグラ タイプR」
記録よりも記憶に残る初代「インテグラ タイプR」

 しかし、NSXタイプRは1千万近い価格で、とても庶民が買えるクルマではありませんでした。

 そこで、タイプR第2弾として1995年8月に初代「インテグラ タイプR」を発売。NSXタイプRと同様のコンセプトで仕立てられたインテグラ タイプRとは、どんなクルマだったのでしょうか。振り返ってみます。

※ ※ ※

 インテグラの系譜をたどると、1980年似発売された「クイント」まで遡ります。クイントは「プレリュード」を販売する「ベルノ店」専売車で、ボディは5ドアハッチバックとし、車格的には「シビック」と「アコード」の間に入るポジションでした。

 搭載されたエンジンは1.6リッター直列4気筒CVCCのみで、最高出力は90馬力と性能的には特筆すべき点は無く、当時、5ドアハッチバック車は売れないというジンクスもあり、販売的に成功したとはいいがたいモデルでした。

 ホンダはコンセプトを変え、1985年に2代目となる「クイント インテグラ」を発売。全車DOHCエンジン搭載した3ドアハッチバックとなり、スタイリング、居住性、走りと、すべてを一新。

 数か月遅れで追加された4ドアセダンと5ドアハッチバックも基本的なフォルムは3ドアハッチバックと同様で、高性能かつスタイリッシュなクイントインテグラは、同時期に発売された「シビックSi」と人気を二分することになります。

 こうして高性能車として歩み始めたクイント インテグラは、1989年に「インテグラ」と名前を変えた新型がデビュー。ホンダ初の「VTEC」エンジンを搭載した記念すべきモデルです。

 1993年にはシリーズで4代目にあたる新型「インテグラ」が登場。外観デザインは先代よりもスマートな印象で、3ドアハッチバックと4ドアセダンをラインナップし、トップグレードには180馬力を発揮する1.8リッター直列4気筒VTECエンジンを搭載するなど、高性能化が一気に進みました。

 そして、4代目がデビューして2年、ついに初代「インテグラ タイプR」が発売。ホンダのレーシングテクノロジーが注ぎ込まれた、ピュアFFスポーツカーの誕生です。

※ ※ ※

 デビューを飾った初代インテグラ タイプRは、単なる高性能車ではなく、メーカーならではのチューニングカーといっていい内容でした。そこで、どういったモデルだったか紐解いてみます。

ホンダ・インテグラタイプR のカタログ情報を見る

【画像】96スペックから98スペック、さらに豪華仕様もあり!? 初代インテグラ タイプRを見る!(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 98specRの次があるだろ?俺は96specRと00'specRの4ドア(DB8)に乗ってた。
    00'specRはコンソールにシリアルナンバーがあって、新車で買うと、シリアルナンバーのキーホルダーも貰えたんや。
    当時を知らない方が記事書いたな。
    丸分かり。。オマケに3ドアばかりメディアも出して、4ドアはなかなか出さなかったなぁ、、、ホンダの売る気の無さが丸分かり。シビックのFD2の時には4ドアかよ〜って言う人もいたのにな。ホンダの4ドアの扱いがわかるな。
    00'specRって出て来ないんなら潜りか?