ホンダ新型EV「ホンダe」発表間近!? 初代シビック似のモデルを導入へ

2019年10月末に開催された「東京モーターショー2019」にてお披露目されたホンダの小型EV「ホンダe」が2020年8月に正式発表されることに伴い、同年7月31日よりホームページにて先行公開されました。ホンダが提案する新型EVとは、どのようなモデルなのでしょうか。

ついに登場!? 小型EV「ホンダe」ってどんなクルマ?

 ホンダは、同社の小型EVとなる「ホンダe」を2020年7月31日にホームページで先行公開しました。同年8月の発表を予定しているといいます。

新型EV「ホンダe」(日本仕様プロトタイプ)。赤いボディカラーが設定されるのは日本仕様だけ?
新型EV「ホンダe」(日本仕様プロトタイプ)。赤いボディカラーが設定されるのは日本仕様だけ?

 ホンダeは、フランクフルトモーターショー2017で発表されたコンセプトモデル「アーバンEVコンセプト」をベースとした小型EV。すでに2019年5月21日から、イギリス・ドイツ・フランス・ノルウェーで予約の受付を開始していました。

 ホンダは、「2025年までに欧州で販売するクルマの100%を電動化する」という公約に向けたモデルとして、「CR-V HYBRID」や2モーターハイブリッドシステムe:HEVを採用した「Jazz(日本名フィット)」を展開しています。

 そのなかでホンダeは、次なるステップとして登場したEVとなり、取り回しの良さと力強いモーター、後輪駆動による走りの楽しさを実現しました。

 ホンダが提案する都市型コミューターとして、新しい時代になじむシンプルでモダンでありながら、初代「シビック」に似ているデザインを採用。ドアハンドルをポップアップ式にすることで車両のでっぱりを最小限とし、スタイリングはもちろんのこと空力性能や安全性を大きく向上させました。

 従来のサイドミラーは採用されず、「サイドカメラミラーシステム」が搭載されて車内に設置されたふたつの6インチモニターにライブ映像が映し出されることで、車両側方部を確認することが可能です。

 なお、欧州のホンダeでは「プラチナムホワイトパール」や「チャージイエロー」のほか、「クリスタルブラック」、「モダンスチールメタリック」、「クリスタルブルーメタリック」といったボディカラーがラインナップされます。一方、日本仕様にはレッドをはじめとしたボディカラーが設定されるといいます。

 また、インパネ中央には 2画面の大型タッチパネルモニター「ワイドスクリーン ホンダコネクトディスプレー」を新たに採用。また、AIによる音声認識と情報提供をおこなう「ホンダパーソナルアシスタント」 を含む先進のコネクテッド技術などを備えています。

 さらに、2017年からサービスが開始されたスマートフォンアプリ「My Honda+」を利用することで、クルマにリモート接続することも可能。

 同アプリでは車両の状態確認やセキュリティの監視ができるだけでなく、バッテリーの充電状況や航続距離、充電ステーションやナビゲーションの検索結果もモバイルデバイスからクルマに送信することがき、デジタルキーを使用しての施錠や開錠もできるなど、スマホアプリだけでクルマを管理することができます。

 ホンダeは単なるEVではなく、ホンダとしてのCASEの発達によるスモールカーの未来を表現したホンダeについて、同社の八郷隆弘社長は、次のように話します。

「ホンダeは、10年先のクルマの姿を描いて具現化したクルマです。充電・給電システムに対応するほか、独自のAI技術により、お客さまと自然な会話で情報提供をおこなう『ホンダパーソナルアシスト』を搭載するなど、クルマが社会や日常生活とシームレスにつながる未来のカーライフを一足はやく体験できるクルマです」

「ホンダe」と似てる? ホンダ・シビック のカタログ情報を見る

【画像】初代シビックの再来!? ホンダeをささっと見る!(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント