固定ファン多し!? スズキ「スイフト」が堅調に売れる理由とは

スズキの人気車種として知られる「スイフト」は、2020年上半期もその販売台数は好調です。実際に、どういったユーザーがスイフトを購入しているのでしょうか。

スズキの人気車「スイフト」はどんなユーザーにウケがいい?

 スズキの人気車種として知られる「スイフト」は、2020年上半期(1月から6月)も堅調な販売台数を誇っています。実際に、どういったユーザーがスイフトを購入しているのでしょうか。

ファンが多いスイフト。そのなかでもスイフトスポーツは高い人気を誇る
ファンが多いスイフト。そのなかでもスイフトスポーツは高い人気を誇る

 スイフトは、ヨーロピアンテイストのコンパクトハッチバックとして、根強い人気を誇るクルマです。2020年の上半期販売台数は、1万4137台となっており、同社の「ソリオ」に継いで全体27位の順位となっています。

 初代スイフトは、2000年に登場。

 2003年には、標準モデルの一部改良とともに、「スイフトスポーツ」も発表されました。現代では貴重なホットハッチとして、数多くの人々に絶大な支持を受けているクルマです。

 その後、スイフトはスイフトスポーツとともに4世代におよぶフルモデルチェンジを遂げています。

 過去3年間の年間販売台数順位を確認すると、2017年は27位(3万8442台)、2018年は28位(3万6628台)、2019年は27位(3万3328台)など安定した台数を売り続けています。

 では、実際どんなユーザー層がスイフトを購入しているのでしょうか。スズキの販売店スタッフは次のように話します。

「スイフトの場合、走行性能を重視して選ばれる人に好まれています。コンパクトカーでありながら、走りに特化した構造にこだわっているため、遠出をする機会が多い人や、運転そのものが好きな人に購入されるケースが多いです。

 また、スズキはかつてスイフトでラリーに参戦していた頃もあり、そのときのエッセンスがいまのスイフトにも継承されていることから、本格的な走りを楽しみたい人にも好評です」

※ ※ ※

 スイフトおよびスイフトスポーツの販売台数割合については、手頃な価格で購入できるスイフトのほうが販売を伸ばしています。

 しかし、スイフトは他車と比較して検討されることが多いものの、「スイフトスポーツにおいては指名買いが圧倒的に多い」とスズキの販売店スタッフは話しました。

 通常のスイフトと比較しても、より走りに特化した本格モデルとなっているため、特定のユーザーに高い人気を集めているようです。

スズキ・スイフトスポーツ の中古車をさがす

【画像】やっぱりスズキは最高だ! 進化の止まらぬ「黄色い弾丸」を見る!(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. いい車だから売れるんでしょ