トヨタ新型「プリウス」に専用スマートキーで急加速を防止する「プラスサポート」初搭載

トヨタ「プリウス」「プリウスPHV」が一部改良で安全性能が向上しました。さらに、専用のスマートキーで開錠すると急にアクセルを踏んでも加速が抑制される「プラスサポート」が初搭載されます。

プリウス・プリウスPHVの安全性能が強化

 トヨタは、ペダル踏み間違い事故のさらなる抑止・被害軽減のため既存のシステムに加え、新たな「急アクセル時加速抑制」機能を開発し、新車向けとして「プラスサポート」を導入。2020年7月1日より「プリウス」および「プリウスPHV」に同システムの搭載を開始します。

トヨタ「プリウス」に専用キーで開錠すると加速が抑制される機能を搭載
トヨタ「プリウス」に専用キーで開錠すると加速が抑制される機能を搭載

 トヨタはこれまで、新車向けに2012年からインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]、既販売車種向けには2018年から後付けの「踏み間違い加速抑制システム」を設定していますが、これら既存のシステムは、センサーで検知できる障害物がある場合の踏み間違事故に対応している一方で、障害物がない場合の事故も減らしていく必要がありました。

 今回の新機能開発にあたり、実際の踏み間違い事故発生時にアクセルペダルが全開で踏まれた状況を分析し、踏まれ方の特徴をコネクティッドカーから得られたビッグデータと照合。

 右折時や一時停止後など、ドライバーが実際に急加速を必要とする状況を除くことによりアクセルの踏み間違い操作を特定し、障害物がなくても加速を抑制することで踏み間違い事故の低減を図る設定としました。

 新車向けとなるプラスサポートは、障害物を検知して加速抑制やブレーキ作動をおこなうインテリジェントクリアランスソナーに加え、ペダル踏み間違い事故を抑止し、被害の軽減に貢献することを狙いとしています。

 高齢者や運転に不安があるユーザー向けの専用スマートキー「プラスサポート用スマートキー」で解錠すると、自動的に起動。進行方向に障害物がない場合でも、ペダルの踏み間違い操作を検知した際に加速を抑制します。

 なお、標準のスマートキーで解錠した場合、プラスサポートは起動せず、通常通りに走行することができます。

 プラスサポート用スマートキーは販売店装着オプションで、価格(消費税込、以下同様)は1万3200円から。今後は、搭載車種が順次拡大される予定となっています。

※ ※ ※

 さらに、既販売車種向けの後付け装置に急アクセル時加速抑制機能を追加し、「踏み間違い加速抑制システムII」として同日に発売しました。

 従来の「踏み間違い加速抑制システム」に「急アクセル時加速抑制」機能を追加し、前方に障害物がない場合でもペダルの踏み間違い操作を検知した際に加速を抑制します。

 また、従来のシステムにある、前方の障害物を検知し加速抑制する機能や、後退時に加速を抑制する機能に加え、後退時には障害物の有無に関わらず加速を抑制するなど、より幅広いペダル踏み間違い事故の抑止し、被害の軽減に貢献します。

 機能強化を図りつつシステム構成を見直し、価格は3万8500円と、従来商品よりも1万7600円安い低価格を実現しました。

 なお、国土交通省が2020年4月に創設した、後付障害物検知機能付ペダル踏み間違い急発進抑制装置の性能認定制度に対応し、この制度において初の認定を取得しています。

 対象車種は、2015年12月から2020年6月生産されたプリウスのインテリジェントクリアランスソナー非装着車を皮切りに、今後は2020年11月に「SAI(2009年10月から2018年2月)」、2021年1月に「クラウン(2008年2月から2012年12月)」、「マーク X(2009年10月から2016年11月)」が発売される予定です。

【画像】「プラスサポート」専用キーは通常とは違う!? 新型プリウスをチェック(28枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント