日産現行「フェアレディZ」が6/14で販売終了!? 改良or次期型を示唆?

日産は2020年5月28日におこなった決算会見の場で、2021年末までに12車種の新型モデルを投入すると宣言。そのなかには、次期型「フェアレディZ」も含まれていました。その約1か月後の6月14日に現行フェアレディZのオーダーがストップしたという情報が出ましたが、果たしてマイナーチェンジもしくは次期型フェアレディZへの動きなのでしょうか。

次期型フェアレディZはいつ出る?

 日産は2020年5月28日に公開した動画「NISSAN NEXT: From A to Z」で、次期型「フェアレディZ」を登場させ大きな話題となりました。

 現在、同社のFRラインナップは、「スカイライン」、「フーガ」、「シーマ」、そしてフェアレディZですが、どのモデルも登場から時間が経っておりフルモデルチェンジが期待されています。次期型フェアレディZは、どのようなモデルになるのでしょうか。

現行フェアレディZが6月14日でオーダーストップ!? その真相とは
現行フェアレディZが6月14日でオーダーストップ!? その真相とは

 日産は、前述の動画を2019年度決算報告の場で公開し、「今後18か月で12の新型車を投入する」とアナウンス。そして、12の新型車と思われるモデルの走行シーンが、AからZの順で登場したのです。

 今回、公開された次期型フェアレディZはシルエットのみでしたが、現行モデルよりもロングノーズショートデッキが強調されたスタイルで、初代フェアレディZ(S30型)を彷彿とさせる流麗なクーペデザインとなっています。

 また、現行モデルの稲妻のような形状のヘッドライトは、上下2段のデザインに変更されているほか、ルーフサイドにはシルバーの加飾が施されるとともに、現行モデルではフロントフェンダー後部に装着されている「Z」のロゴが、かつてと同じようにリアピラーに配置されるなど、新たなフェアレディZを垣間見ることができます。

 現行フェアレディZは、2008年に発売されすでに12年目を迎えることから、次期モデルの登場を熱望する声があがっていました。

 現状の販売動向について、日産の販売店スタッフは次のように話します。

「フェアレディZはボディの大きさに対してトランクスペースが狭く2人乗りであることから、コンパクトカーやセダンに比べ使い勝手が劣ります。

 そのためコンパクトカーやセダンのように多く売れる車種ではないことから在庫車も少なく、ほとんどが契約をしてから生産開始となっています。

 なお、現行モデルのオーダーは6月14日で一旦終了していますが、けっしてフェアレディZがなくなる訳ではありません。

 今回のオーダーストップは法規対応のためとなり、おもに燃費表記がJC08モードからWLTCモードへの変更に対応するためです。法規対応後のフェアレディZは同年9月18日に発表・発売となり、7月中にはオーダーが再開する見込みです。

 今回のタイミングで法規対応したということは、次期型フェアレディZの発売は当分先になるのかもしれません」

※ ※ ※

 日産には かつて「セドリック」「グロリア」「レパード」「セフィーロ」「ローレル」「シルビア」といったFRモデルが数多くありました。

 しかし、現在では前述のスカイライン、フーガ、シーマ、そしてフェアレディZを残すのみとなっていますが、日産のFRモデルは今後どうなっていくのでしょうか。

【画像】新型フェアレディZの姿を捉えた! Z35はどんなモデル?(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント