美しさでは今のモデルよりも上!? 昭和のラグジュアリークーペ3選

昭和の時代にはパーソナルカーとしてセダンとともに2ドアクーペの人気が高く、数多くラインナップされていました。なかには、高級セダンをベースとした大型のクーペも存在。そこで、かつて販売されていたラグジュアリーな2ドアクーペを、3車種ピックアップして紹介します。

かつてセダンとともに人気があった高級クーペを振り返る

 昭和の時代には、ひとつの車種でセダン、クーペ、ステーションワゴン、ライトバンと、さまざまなボディタイプをラインナップするのが一般的でした。

いまでは数少ない優雅なスタイルの高級クーペたち
いまでは数少ない優雅なスタイルの高級クーペたち

 なかでも2ドアクーペはパーソナルカーとしてセダンとともに人気が高く、高級車といわれるクルマにも設定されたほどです。

 そこで、かつて販売されていたラグジュアリーな2ドアクーペを、3車種ピックアップして紹介します。

●日産「セドリック/グロリア ハードトップ」

高級感あふれる重厚なフォルムが特徴の「セドリック ハードトップ」
高級感あふれる重厚なフォルムが特徴の「セドリック ハードトップ」

 日産初代「セドリック」は1960年に発売され、初代「グロリア」は1959年にプリンス(当時は富士精密工業)から発売されました。

 そして、1966年に日産とプリンスは合併し、1971年に姉妹車となったセドリック/グロリアが誕生。

 1971年に発売された3代目セドリック/4代目グロリアから、クーペの「2ドアハードトップ」がラインナップされ、次世代の4代目/5代目まで設定されました。

 1975年に登場した最終型の2ドアハードトップは、フロントセクションはセダンと変わらないデザインですが、キャビンから後ろはセダンのデザインをモチーフにしながらクーペ専用のデザインで、全体の佇まいはかなり重厚感があります。

 内装もセダンに準じておりリアシートのスペースも広く、4名乗車なら快適な移動が可能となっていました。

 また、エンジンはスムーズさに定評がある2リッターと2.8リッターの直列6気筒「L型」を搭載。高級クーペにふさわしい走りを実現していました。

●トヨタ「クラウン ハードトップ」

いまのモデルから想像できないエレガントなスタイルの「クラウン ハードトップ」
いまのモデルから想像できないエレガントなスタイルの「クラウン ハードトップ」

 トヨタを代表する高級車の「クラウン」にも1967年発売の3代目から1979年発売の6代目まで、2ドアハードトップがラインナップされていました。

 なかでも印象的なスタイルなのが1971年に登場した4代目です。

 4代目クラウンの最大の特徴は、それまでの国産高級セダンとは一線を画する外観にあり、いまでは一般的なボディ同色バンパーを採用するなど斬新なデザインでした。

 また、電子制御燃料噴射装置や電動リクライニングシート、アイドリングストップ機能など、当時最先端の技術が採用されています。

 2ドアハードトップはセダンとは異なる角目2灯のヘッドライトを採用し、テールランプまわりのデザインも専用とされました。また、リアサイドウインドウまわりの形状もユニークで、重厚なフロントフェイスに対して、エレガントなサイドビューとなっていました。

 しかし、外観は賛否が分かれて販売は低迷してしまい、後に「クラウン史上最大の失敗」とまでいわれ、実際にライバルのセドリック/グロリアの販売台数を下まわったほどです。

 そして、発売からわずか3年後の1974年に、直線基調で重厚感のあるデザインに一新された5代目にモデルチェンジしてしまいました。

 現在、4代目のデザインは再評価されてファンも多く、旧車イベントなどでは良好な状態の4代目クラウンを見ることができますが、2ドアハードトップはかなりのレア車です。

【画像】クラシカルなデザインがかっこいい! 昭和レトロな高級クーペを見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事