トヨタ新型「ハリアー」が7年ぶりの大進化! 話題の都会派SUVの魅力に迫る

トヨタ「ハリアー」が2020年6月17日にフルモデルチェンジし、新型モデルとなる4代目が発売されます。新型ハリアーはどのようなところが進化するのでしょうか。内外装や装備、燃費、価格などを紹介します。

エレガントな内外装が新型ハリアーの魅力のひとつ

 2020年6月17日に、7年ぶりにフルモデルチェンジするトヨタ新型「ハリアー」が話題です。4代目となる新型ハリアーは、どのように進化するのでしょうか。

2020年6月17日に発売されるトヨタ新型「ハリアー」
2020年6月17日に発売されるトヨタ新型「ハリアー」

 新型ハリアーのデザインは、「Dignified Eleganse ~大らかな逞しさ~」をコンセプトとし、華美でも無骨でもない、洗練さを備えたSUVを目指しました。

 外観は、クーペルックが強調された流麗なデザインで、リアのスタンスはスポーツカーのような逞しさを備え、存在感のある佇まいです。

 新型ハリアーのボディサイズは全長4740mm×全幅1855mm×全高1660mm。従来モデルの全長4725mm×全幅1835mm×全高1690mmに比べて、ロー&ワイドなスタイルを実現しています。

 シャープなヘッドランプや二重のL字型に発光するデイタイムランニングランプに加え、一文字発光にこだわったテールランプとハイマウントストップランプなど、遠くからでもひと目で新型ハリアーだとわかるアイコニックなグラフィックが特徴的です。

 また、歴代モデルではチュウヒ(鷹の一種)のエンブレムが装着されていましたが、新型モデルではトヨタのエンブレムに変更されています。

 ボディカラーは、映り込みの美しさが映える全7色をラインナップ。ブラックは2種類あり、漆黒でフォーマルな印象の「ブラック」と、強い陰影でつややかさを際立たせる「プレシャスブラックパール」を設定しています。

「プレシャスブラックパール」は、洗車などによる擦り傷を自己修復するクリア塗装として「セルフリストアリングコード」が施され、新車同様の光沢とカラーを長期間保つことができます。

 内装は、エレガントかつ逞しさを追求。インパネは柔らかなパッドで包まれ感を演出するとともに、センターコンソールは幅広く骨太なSUVらしい逞しさを表現しています。

 とくにセンターコンソールは、馬の鞍をイメージした厚革を曲げたような張りや風合いにこだわるなど、上質で心地良い室内空間が広がります。

 また、新型ハリアーではさりげない機能照明を取り入れており、センターオープントレイやカップホルダーなどが夜間はブルーに光るといった演出も施され、車内に彩を添えています。

【画像】イケメンすぎる! トヨタ新型「ハリアー」の詳細をチェック!(31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. CVTに発進ギヤならステップATを採用すりゃいいだろうに、あれだけトルクの美味しいところどりを売りにしておきながら今更に否定的にギヤを追加するなら多段式ATのほうがトヨタの毎度のエンジンの駄作ぶりは隠しやすいだろうに、 それか発進ギヤ付きのCVTこそ最初に開発されたCVTであったのではないかな?
    それをコスト面で散々に出し惜しんでユーザーの動向を診ながら後だしじゃんけんのように元からある技術を新技術に見せ掛けて出してくるザマは世界中で一番車作りと車造りが下手なTOYOTAのある意味お家芸だからな。