クルマもWEBで購入する時代!? WEBでのクルマ購入への意識調査結果を発表

月額定額のカーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」を運営するナイルは、全国の男女555人に対し、WEBでクルマを購入することに抵抗があるかどうかという意識調査をおこないました。

74%が、抵抗があると回答

 月額定額のカーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」を運営するナイルが、WEBでクルマを購入することに抵抗があるかどうかという意識調査を実施。その結果を公開しました。

クルマを購入するイメージ
クルマを購入するイメージ

 調査の対象となったのは、全国の男女555人(男性343人、女性212人)で、年齢の内訳は20代111人、30代111人、40代111人、50代111人、60代以上111人。調査期間は、2020年5月8日から5月15日の1週間です。

 まず、WEBでクルマを買う(契約する)ことについて抵抗を感じますか、という質問には、「抵抗を感じる」が74.4%(413人)、「抵抗を感じない」が21.4%(119人)、「むしろWEBサイトのほうが良い」が4.1%(23人)。半数以上がWEBでクルマを買う(契約する)ことに、抵抗を感じると答えてはいるものの、 一方で抵抗を感じない人や、むしろWEBサイトのほうが良いという人は合わせて約25%いる結果でした。

 また、抵抗を感じる理由としては、「実物が見たいから」が57%、「販売員(店)を知っておきたい、 いろいろ聞きたいから」が23%、「WEBは信用できないから」が8%で、具体的には、「実際にクルマを見てみないと後悔する」、「ハンドルの固さやシートの座り心地などを実際に確かめたい」、「PCのモニターからだと、 車内の質感や装備品の使い勝手がわからないから」、「長く乗るものだし、高額の出費を伴うので、乗り心地などを確認したい」といった、実物を見て感じたいという声が過半数でした。

 また、「直接販売員さんにお会いしてコミュニケーションをとりたい」、「対面でないと細かなことが聞けない」、「その後のサポートのこともあるので対面で説明を受けて選んで買いたい」、「どんなお店かどんな販売員か知りたい」など、販売員に会って話をして買いたいや、販売員がどんな人か知ったうえで買いたいという声が2番目に多い結果です。

 これらの結果から、クルマは高額で長く使用するものという観点から、しっかり自分自身の感覚で物を見て、売る人を見て判断したいという意識が読み取れます。

 また、 少数ではありますが、「ネットは個人情報が漏れやすいから怖い」、「セキュリティ面が不安」、「ネットの情報は信じていいかわからない」など、 WEBで買い物をすることに不安を持つ人もいるようです。

 抵抗を感じないと答えた人の理由としては、「時間を問わずに購入できる」が17%、「WEBとお店で(情報は)同じだから」が16%、「安く買えるから」が15%、「(Webのほうが)簡単だから」が20%、「人と関わらずに購入できる」が9%、「自分が主導権で話ができる」が7%、「実際に購入したことがあるから」が5%、「写真や動画で詳しく確認できる」が3%でした。

 WEBでのクルマの購入に抵抗を感じないと回答した人のなかには「いつでも好きな時に契約できる」、「手軽で時間短縮になる」、「店舗まで行く時間が省ける」といった時間を問わずに購入できることや、「WEBのほうが簡単だから」、「人と関わらずに購入できる」、「自分が主導権で話ができる」など、 WEBならではのメリットを感じている人もいるようです。

 むしろWEBのほうが良いと答えた人の理由は、「営業・接客が苦手」が37%、「手間が省ける」が31%、「車種が決まっているから問題ない」が13%、「安く購入できそう」が13%、「細かいところまで情報が見れる」が6%でした。

 積極的にWEBでの購入を検討すると予想される「むしろWEBのほうが良い」と回答した人の理由は、「抵抗がない」と同様に「接客・営業が苦手」、「手間が省ける」などというWEBならではの理由が挙げられた結果です。

 とくに、接客・営業が苦手については、「接客・営業されるのがいや」、「店員の態度が悪くて腹が立った事がある」、「営業されずに好きな商品を自分の感覚で選びたい」という声が聞かれました。

※ ※ ※

 今回の調査結果から、クルマの購入はWEBでよいと考えている人は一定数いることがわかりました。

 この人数は現在約25%と少数派ではありますが、ネット通販市場が伸びていることから、今後増えていくことが予測されます。

【画像】意識調査の結果を見る(5枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント