次期型86/BRZ登場間近!? 超カッコイイという噂 2021年お披露目か

トヨタとスバルが共同開発したスポーツカー「86/BRZ」。その次期型モデルの登場が間近に迫っているようです。2012年の登場時には大きな話題となった両車ですが、次期型ではどのような進化を遂げるのでしょうか。

ついに次期型86/BRZが動き出す?

 2020年3月12日、トヨタは「86」の限定車「ブラックリミテッド」を限定86台で発売すると発表しました。既に商談申し込みは締め切られていますが、トヨタ自身が驚くほどの申し込み数(ウワサでは30倍近く!?)があったと聞きます。

トヨタ・86 の中古車をさがす

どうなる? 次期型86/BRZ(現行86のブラックリミテッド)
どうなる? 次期型86/BRZ(現行86のブラックリミテッド)

 このモデルは、86のご先祖となる「スプリンター・トレノ(AE86型)」のみに設定された特別仕様車「GTアペックス ブラックリミテッド」をオマージュしたものです。

 AE86のブラックリミテッドは1986年1月に登場しましたが、次のモデルとなる90系の登場は1987年5月となり、モデル末期に発売されたことになります。

 それを現在に置き換えると、このモデルは現行86としての「ファイナルエディション」と考えていいでしょう。この件に関してトヨタの関係者に話を聞くと「察してください(笑)」とコメント。

 一方、スバルのドイツ法人は2020年3月13日にBRZの特別仕様車「ファイナルエディション」を同年7月に発売すると発表。ただ、これはドイツ向けとしての最終モデルであり、日本向けには同様のモデルの設定はありません。

 そんななか、4月には「BRZの注文受付は7月20日で終了(ただし、生産予定第数を上回る注文があった場合はその時点で受付終了)」と日本でも明らかになりました。

 これが何を意味するのかというと、「フルモデルチェンジの時期が迫っている」ということです。現行86が登場した際、当時のチーフエンジニアだった多田哲哉氏は「10年くらいは作る」と語っていましたが、BRZ生産終了のタイミングを考えると、2021年で間違いないでしょう。

 ちなみに86はBRZとは異なり、「しかるべきタイミング(トヨタ関係者)」まで生産が続けられますが、これはトヨタの「スポーツカーの継続」へのこだわりなのでしょう。

 とはいえ、次期86のカウントダウンは確実に進んでいます。現行86と同じく、トヨタ/スバルの共同開発によって進められています。

 以前から水面下で進められていましたが、2019年9月にトヨタとスバルは新たな資本提携の合意の際に「トヨタ86/スバルBRZ 次期モデル共同開発」と正式なアナウンス。

 巷では「トヨタとスバルの仲が悪い」という噂話が生まれ、「次期モデルは存在しない?」、「次期モデルは各々で開発」というような情報も流れました。

 しかし、どちらの関係者は「むしろその逆ですね。現行モデルを開発していたときの方がギクシャクしていたかも(笑)。現行モデル発売後も長く付き合ってきているので、お互いの考えも理解できていますし、ハッキリ物事をいえる関係になっています」と話していました。

 登場まで1年と考えた場合、タイミング的には偽装されたテストカーがスクープされてもおかしくない時期ですが、まだ決定的な証拠を捉えた人はいないようです。

【画像】これの86はカッコイイ! 黒く際立ったモデルを見る!(40枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント