走り良し、見た目もカッコイイ! FFスポーツカー3選

スポーツカーは走行性能や運動性能が高いことはもちろんのこと、見た目のカッコ良さが重要です。そこで、見るからに速そうで、実際の走りも高く評価された前輪駆動のスポーツカーを3車種ピックアップして紹介します。

見た目も走りも秀逸なFFスポーツカーを振り返る

 スポーツカーの定義は、人によってさまざまな意見や認識の違いがありますが、大前提として走行性能や運動性能が高いことは間違いないでしょう。

FFスポーツカーは速いが賛否両論ある!?
FFスポーツカーは速いが賛否両論ある!?

 また、誰の目にも速そうなルックスも、スポーツカーには重要な要素です。

 そこで、見るからに速そうで、実際の走りも高く評価された前輪駆動のスポーツカーを3車種ピックアップして紹介します。

●トヨタ「セリカ」

FFスポーツカーとしてハンドリングが高く評価された「セリカ」
FFスポーツカーとしてハンドリングが高く評価された「セリカ」

 1970年に発売されたトヨタ初代「セリカ」は、それまで数少ない高性能車のものだったDOHCエンジンを搭載し、内装の仕様やエンジンを選択できるフルチョイスシステムを採用した、画期的なスペシャリティカーとしデビューしました。

 その後代を重ね、1985年に登場した4代目では、ハイパワーなターボエンジンとフルタイム4WDを組み合わせた「GT-FOUR」が登場し、ラリーの世界でトップに昇りつめます。

 そして1999年に発売された7代目は、それまでのターボエンジンと4WDを廃止し、シンプルなスポーツカーという原点回帰をコンセプトに開発されました。

 外観は縦長のヘッドライトと空気を切り裂くようなシャープなフォルムが特徴的です。

 FF用に専用設計されたボディに、1.8リッター直列4気筒自然吸気エンジンを搭載。トップグレードでは最高出力190馬力を誇ります。

 また、フロントにストラット、リアにダブルウイッシュボーンサスペンションを採用し、国内外で運動性能が高く評価されました。

 しかし、国内市場ではスポーツカーの需要が急激に低下していたことで、2006年に販売を終了。この7代目をもってセリカの長い歴史は幕を閉じました。

●ホンダ「インテグラ タイプR」

FF車最速の名を欲しいままにした「インテグラ タイプR」
FF車最速の名を欲しいままにした「インテグラ タイプR」

 ホンダ「インテグラ」の源流は1980年に発売された「クイント」ですが、とくに高性能車ではありませんでした。

 このクイントの後継車として1985年に登場した「クイントインテグラ」では、全グレードにDOHCエンジンを搭載したことで、スポーツモデルとして開花。

 そして、1995年発売の3代目「インテグラ」の高性能版である「インテグラ タイプR」は、高回転化、高出力化された専用エンジンや、強化サスペンションなどを採用したスポーツカーとして人気を博しました。

 2001年に発売された2代目インテグラ タイプRは、220馬力を誇る2リッター直列4気筒エンジンを搭載し、レカロ製バケットシート、MOMO製ステアリングホイール、チタン色アルミシフトノブ、ブレンボ製フロントブレーキキャリパーなどを備えています。

 フロントがストラット、リアがダブルウイッシュボーンを採用したサスペンションは、サーキット走行にも対応するため普段使いには厳しいほど硬くセッティングされ、当時、「世界最速のFF車」の称号を得ます。

 また、先代と同様にリアに大型スポイラー、各エアロパーツが装着され、見た目にもハイパフォーマンスさがうかがえました。

 インテグラは2006年に生産を終えましたが、FFスポーツカーのDNAは「シビック タイプR」へと継承されています。

【画像】最高のハンドリングと絶賛されたクルマとは!? FFスポーツカーを見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事