「今すぐ降りて!」 車内で絶対に食べてほしくない食べ物3選

ドライブや旅行など、クルマで長時間過ごすときに、車内で飲食をすることがあります。しかし、密室というクルマの特性上、食べるとそのクルマのオーナーや同乗者に嫌がられる食べ物もなかには存在。一体、どんなものなのでしょうか。

「何でそれ食べるの!?」車内で嫌われがちな食べ物とは

 家族や友人と出かける楽しいドライブ。移動時間が長くなると、車内で飲食をしたくなることもあるかもしれません。しかし、車内で食べるのには不向きだったり、一歩間違えると大惨事を引き起こす食べ物や飲み物もあります。

 他人のクルマで迷惑をかけると、そのクルマのオーナーから白い目で見られることも。果たして、車内で食べるときに注意しなければならない食べ物とは、いったい何でしょうか。

車内で食べるとき注意しなければならない食べ物とは?
車内で食べるとき注意しなければならない食べ物とは?

●ニオイの強いもの(例:ファーストフードなど)

 車内で食べるときに注意したほうがよい食べ物として、まずニオイの強い食べ物があります。クルマのなかは密室なので、ニオイが同乗者へ直接届きがちです。

 ドライブの最中、沿道にはファーストフード店が多く立ち並びます。ドライブスルーが併設されて手軽に購入できる店舗も多く、誘惑が尽きることはありませんが、できたてアツアツのハンバーガーやフライドポテトは想像以上のニオイを放ちます。

 もし、自分だけどうしても食べたくなったのなら、同乗者に断りを入れてから食べるのがよいでしょう。また、食べているときや食べた後の換気もすると、ほかの同乗者の気分も楽になります。

 もちろん停車したうえで、クルマのオーナーや同乗者も含め全員で食べるのであれば、まったく問題ありません。

●こぼしやすいもの(例:スナック菓子、クッキー、おせんべいなど)

 数ある食べ物のなかで、とくにクルマのオーナーから不評な食べ物として、ポロポロこぼしやすいものがあります。なぜなら、食べるときに落ちたかけらがシートや床のすき間などに入って、蓄積してしまうからです。

 食べかすが溜まると、汚いだけでなくニオイの原因にもなります。ほんの少しだけ、と思って食べかすを見てみぬふりをしていると、クルマのオーナーにとっては大変なことになるのです。

 未然に防ぐには、スナック菓子、クッキー、おせんべいなどは、できれば車内で食べるのを避けるしかありません。

 どうしても食べたいときはティッシュやハンカチなどを用意して、食べかすをひとかけらもおとさない意思を、クルマのオーナーに見せるのが良いでしょう。

【画像】冗談じゃない! 車内で絶対に食べてほしくないランキング(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント