知っていたら相当なマニア!? 超マイナーすぎる珍車3選

クルマを乗る人なら誰もが知っているようなメジャーなクルマがある一方で、一部のマニアしか知らないようなクルマも存在します。そこで、かつて販売されたマイナーすぎるクルマを3車種ピックアップして紹介します。

愛おしくなるほどマイナーな珍車たち

 トヨタ「プリウス」のように月間2万台も売れるような人気車は、だれもが知っているメジャーなクルマです。

記録にも記憶にも残っていない幻のクルマたち
記録にも記憶にも残っていない幻のクルマたち

 しかし、世の中にはメジャーなクルマばかりだけでなく、一部のマニアしか知らないようなマイナーなクルマも数多く存在。

 そこで、かつて販売されたマイナーすぎるクルマを3車種ピックアップして紹介します。

●ダイハツ「シャルマン」

知る人ぞ知る稀代の珍車「シャルマン」
知る人ぞ知る稀代の珍車「シャルマン」

 いまから50年ほど前にダイハツとトヨタは業務提携契約を締結し、現在も相互に新型車開発で協力しあっています。

 2016年にはトヨタがダイハツを完全小会社化し、直近ではコンパクトSUVのダイハツ「ロッキー」をトヨタにOEM供給して、トヨタ「ライズ」として販売し、好調なセールスを記録しています。

 一方で、トヨタからダイハツへOEM供給されるケースも多く、1974年に発売されたダイハツ「シャルマン」は、その一例です。

 初代シャルマンは、シャシとボディパネルの一部を2代目「カローラ セダン」から流用され、フロントとリアは専用にデザインされていました。

 エンジンは1.2リッターと1.4リッターの直列4気筒OHVで、組み合わされるトランスミッションは5速MT、4速MT、2速ATが設定され、これらもカローラと同じものです。

 1981年にフルモデルチェンジをおこない、4代目カローラをベースにボディパネルはすべて専用にデザインされたものになりました。

 中身がカローラだったシャルマンを、あえて買うユーザーは非常に少なく、新車が販売されていた当時もレアモデルとして有名でした。

 1988年にシャルマンは販売終了して、ダイハツが独自に開発した5ドアハッチバックセダン「アプローズ」にバトンタッチします。

 しかし、このアプローズは設計の問題から車両火災を起こし、大幅なイメージダウンとなり販売は極端に低迷。10年ほど販売していましたが、こちらも激レア車となってしまいました。

●三菱「ピスタチオ」

よくぞ作った! 限定50台という超レアモデル「ピスタチオ」
よくぞ作った! 限定50台という超レアモデル「ピスタチオ」

 1999年に発売されたコンパクトカー、三菱「ピスタチオ」は、わずか50台の限定販売でした。しかも、積極的に環境保全に取り組んでいる自治体や、公益企業などの法人で使われることが前提で販売されました。

 ピスタチオに搭載されたパワーユニットは、当時、世界最小となる直列4気筒1.1リッターの直噴エンジンで、トランスミッションは5速MTのみとされ、アイドリングストップシステムの採用により燃費は30km/L(10・15モード)を達成しています。

 この30km/Lという燃費は、純粋なガソリンエンジン車で世界初となる快挙でしたが、大量生産されることなく50台のみで販売を終了。限定販売としたのは低燃費技術のスタディモデルだったからではないでしょうか。

 現存数は不明ですが、中古車市場でも、まずお目にかかれない超希少車です。なお、新車価格は95万9000円(消費税含まず)と安価でしたが、装備も非常に簡素でした。

【画像】もはや写真でしか見られない!? 激レア車を見る(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

15件のコメント

  1. シャルマンのCMは小川知子氏ではなかっなかな?

  2. シャルマンは彼女のお父さんが乗っていたな。下取りに出した時、ダイハツの人もシャルマンの事知らなかった笑 アプローズは好きだったけどなぁ、ハッチバックの仕組みは斬新だけど今なら安全基準で無理か。

  3. シャルマンの何処がマイナーなんでしょうか?
    メーカーの枠を越えた「兄弟車」のカローラ/スプリンターより高級感が有る、と人気もあり、ダイハツの営業力を考えれば、むしろ驚異的とも言える販売台数だったと思いますが。
    対した知識も無く、いい加減な事を書くのはやめて下さい。

    • ダイハツ車は親会社であるトヨタよりも目立ってはいけないのです。
      その証拠にトヨタではダイハツ車を下取りすると中古車には流通せず全て廃車にしているようです。
      例として歴代であれほど台数の売れた「シャレード」が中古車として現存数が極端に少ないのはそういう事です。
      また自動車記事も大トヨタに忖度してダイハツ系の記事は「WGIP的」に書きます。

    • 気に触る記事だったら読まなくて良し

    • 下取りをダイハツだから廃車とか、単に人気が無いから潰されて現存数が極少なだけでしょ。シャルマンは昭和にクルマ好きだったら覚えてるよね、っていう普通に生産されてた昔のクルマだと思いますよ。

  4. ウィ セ シャルマン と言ってました

  5. シャルマンではないですが、父親がコンソルテに乗ってたのを思い出しました

  6. シャルマン、地元大阪北摂地域では結構走っていましたよ。関係者とそのまた関係者が多かったのでしょうけど。
    中学生の頃、友達のお父さんが乗っていて(クルマとは関係ない業種の自営業者さんでした。)乗せて
    いただいたことがあります。初代の後期型でした。内装結構キレイでした。

    ダイハツファンではありませんが、シャレードのデ・トマソターボ、今になって欲しいです。

  7. ダイハツシャルマン懐かしいです。当時は関係者でしたが、数年後に販売した1000cc3気筒シャレードデトマソは最高でした。

  8. ダイハツシャルマン懐かしいです。当時は関係者でしたが、数年後に販売した1000cc3気筒シャレードデトマソは最高でした。

  9. シャルマンのバンは太陽にほえろ!でダンプと230セドリックにひっくり返った揚げ句に
    ぶつけられてたな。

  10. 初代ダイハツシャルマンが製造された期間は小生は幼稚園年中から小学高学年(4-11歳)だったが、初期型から中期型は街で頻繁に見た記憶がある―無論カローラやサニーの比ではないとは言え。
    スラントノーズになった初代末期から販売台数は先細りになり、1981年登場の二代目からはたまに見かけると「C31ローレルの縮小版」的なスタイルとメタリック系の塗装がマッチングして「小型なのに格調が高い」と感じさせられたことは憶えている。

  11. シャレードデトマソの加速はカッ飛びでした。

  12. アプローズシーt…いえなんでもないです