復活熱望するスバリストも多数! いまは無きスバルの「3列7人乗りモデル」3選

現在、スバルの乗用車ラインナップにはハッチバックからセダン、ワゴン、クーペ、SUVとさまざまなジャンルのモデルがありますが、2+2シーターのBRZを除いて、すべてのモデルが2列5人定員です。しかし、かつては日本市場に3列7人定員のモデルがありました。今回は、スバルの7シーターモデルを紹介します。

かつてスバルに「2人+3人+2人」の7人乗りモデルがあった

 2020年1月現在、スバルの乗用車ラインナップ(軽自動車のぞく)を見てみると、スポーツクーペのBRZ、4ドアセダンのインプレッサG4/WRX S4/WRX STI/レガシィB4、5ドアハッチバックのインプレッサスポーツ、ツーリングワゴンのレヴォーグ、そしてSUVのフォレスター/XV/レガシィアウトバックを用意しています。

 2+2シータースポーツモデルのBRZ以外は、どのモデルも2列5人定員になっています。

 しかしながら、かつては7人が乗ることができるモデルも存在していました。そんなスバルの3列シート7人乗りモデルを3台紹介します。

●スバル「エクシーガ(EXIGA)」/「クロスオーバー7」

 2007年6月に発売された3列7人乗りモデルが「エクシーガ」です。「7シーター パノラマツーリング」というコンセプトで登場しました。

スバル「エクシーガ」
スバル「エクシーガ」

 全長4740mm×全幅1775mm×全高1660mmと、ミドルサイズミニバンクラスの大きさですが、全高が1660mmと低めで、一見するとツーリングワゴンのようなスタイリングです。後席もスライドドアではなくスイングドアを採用しました。スバル自身、エクシーガに「ミニバン」という表記は使っていませんでした。

 登場当初は2リッター水平対向4気筒自然吸気、およびターボエンジンを搭載、4速ATを組み合わせました。

 FFのほか、AWD(4輪駆動)モデルも用意。自然吸気モデルはアクティブトルクスプリット式、ターボモデルはVTD式と、異なる2種類の4WD方式を採用しました。そのほかターボモデルに、3種類のエンジン特性を任意で選択できる「SI-DRIVE」を搭載、スバルらしさが詰まったミニバンでした。

 発売当時の車両価格は、199万5000円から278万2500円でした。

 その後、2.5リッター水平対向4気筒エンジン搭載車を追加したり、アイサイト(Ver.2)を搭載したりと、マイナーチェンジだけではなく年次改良をおこない、年々進化していきます。2015年4月に販売が終了しました。

 そして、エクシーガの販売終了と同時に2015年4月より発売が開始されたのが「クロスオーバー7(セブン)」です。

スバル「クロスオーバー7」
スバル「クロスオーバー7」

クロスオーバー7は、エクシーガをベースに登場した、その名のとおりクロスオーバーSUVモデルです。

 専用サスペンションを採用して最低地上高170mmを確保。フェンダーまわりもデザイン変更されましたが、全幅は1800mmにおさえました。

 外観は、前後バンパーやホイールアーチ、ルーフレールなどの採用により、SUVらしいデザインになり、さらに内装はタン色の本革を採用するなど上質さをアピールしていました。また2.5リッター水平対向4気筒自然吸気エンジン、シンメトリカルAWD、アイサイトVer.2など、スバルのオリジナリティをふんだんに投入した7シーターSUVモデルでした。

 クロスオーバー7はモノグレードで、価格は275万4000円。特別仕様車も設定されました。

 クロスオーバー7は、2018年3月に販売を終了。スバルの3列7人乗りモデルは、2020年現在、日本市場では消えています。

スバルにも3列ミニバンが色々あった! 画像で詳細をチェック(36枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント