トヨタ「86」とスバル「BRZ」の試作車がカッコイイ! 最後の限定車として発売される可能性は?

トヨタとスバルが共同開発したスポーツカー「86(ハチロク)」と「BRZ」のコンセプトカーが、2020年1月10日から開催された東京オートサロン2020に登場しました。両車は一体どのようなクルマなのでしょうか。

86はスプリンタートレノ、BRZはスーパーGT参戦車両をオマージュ

 トヨタとスバルが共同開発したスポーツカー「86(ハチロク)」と「BRZ」のコンセプトカーが、2020年1月10日から開催された東京オートサロン2020に登場しました。

 兄弟車であるこの2台ですが、コンセプトカーの方向性は異なるようです。それぞれのモデルは一体どのようなものなのでしょうか。

スバル「BRZ」のコンセプトカー(東京オートサロン2020)
スバル「BRZ」のコンセプトカー(東京オートサロン2020)

 トヨタが出展した「86 ブラックリミテッド コンセプト」は、1986年に400台限定で発売された特別仕様車「スプリンタートレノ ブラックリミテッド(AE86型)」をオマージュし、現代の86で再現しました。

 スプリンタートレノ ブラックリミテッドは3ドアの最上級グレード「GT APEX」をベースとし、ブラックのボディカラーに、ボディサイドにゴールドの「BLACK LIMITED」のステッカーとラインが施されるとともに、ホイールもゴールドという仕様でした。

 東京オートサロン2020でよみがえった現代の86 ブラックリミテッドコンセプトも、最上級グレードの「GT リミテッド ブラックパッケージ」をベースとし、かつてのAE86特別仕様車と同様に、ブラックのボディカラーとゴールドのホイールを身につけ、足まわりはブレンボ製ベンチレーテッドディスクブレーキとメーカーオプションのザックスアブソーバーが装着されています。

 ボディサイドのゴールドステッカーはないものの、内装ではインパネに「BLACK LIMITED」の刺繍を施して特別感を演出。インテリアも、可能な限り黒で統一し、徹底的に黒にこだわった仕様となっています。

 一方のスバルは、BRZのコンセプトカーとして「BRZ STIスポーツ GT コンセプト」を出展しました。

 スーパーGT GT300クラスの参戦車両である「SUBARU BRZ GT300」をモチーフとしたフロントスポイラーやバンパ―カナード、ドライカーボンのスワンネックリアスポイラーなど、スバルのモータースポーツを担当するSTIの知見を活かしたパーツを装着し、コーナリング性能を最大限に向上させているといいます。

 さらに、BRZ STIスポーツ GT コンセプトで特筆すべき点は、ブルーのボディカラーです。

 スバルを象徴する「WRブルー」のボディカラーがさらに進化し、専用色「ギャラクティック WRブルーメタリック」を新開発。光が当たるとキラキラと輝く美しいボディカラーで、BBS製のブロンズホイールと相まって、存在感のある外観を実現しました。

 内装は、シルバーの専用レカロシートを中心に、赤いステッチやシートベルトがスポーティな印象を高めています。

※ ※ ※

 トヨタとスバルは、2019年9月に新たな業務資本提携に合意し、これまで以上に関係性を強化すると発表しています。そのなかで、次期モデルの86とBRZについても、共同で開発をおこなうことが明らかになりました。

 次期モデルについてのウワサもあるなかで、86 ブラックリミテッド コンセプトについては、反響次第では市販化につながる可能性があるのかもしれません。

 モチーフとなったAE86のブラックリミテッドがモデル最後の限定車として販売されたこともあり、今回公開されたコンセプトカーについても、現行86最後の限定車を示唆しているとも考えられます。

 スバルが展示したBRZ STIスポーツ GT コンセプトは、ショーモデルとして開発されたということで、市販化の可能性は低いようです。

 ただし、新色のギャラクティック WRブルーメタリックについては、東京オートサロン2020の来場者から多くの問い合わせがあったといます。せっかく新開発した美しいカラーが、どこかに採用されることを期待したいです。

ブラックの86とブルーのBRZ! 両車の違いを画像でチェック(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 作業中に右下に表示されますが毎回、一回開いて閉じる非常に面倒な作業を強いられます。表示を認可した覚えはありません。迷惑です。送信しないでください。