二度見するほどの美人ばかり!? 超美しいステーションワゴン3選

近年、日本では人気が低迷してしまっているステーションワゴンですが、海外ではまだまだ高い人気を誇っています。そこで、最新の海外製ステーションワゴンのなかから、とくに美しいデザインのモデルを3車種ピックアップして紹介します。

美しいステーションワゴンが増えている!?

 近年、国内市場で数を減らしているステーションワゴンですが、欧米ではファミリーカーとして人気が高く、車種も豊富となっています。

 かつてのステーションワゴンは実用性が重視されていましたが、現在ではスタイリッシュなモデルも多く、とくに欧州製のステーションワゴンは美しさを競っているかと思えるほどです。

 そこで、欧州製の最新ステーションワゴンのなかから、とくに美しいモデル3車種をピックアップして紹介します。

●ボルボ「V60」

質実剛健さと美しさが同居する「V60」
質実剛健さと美しさが同居する「V60」

 2010年にボルボのセダンである「S60」から派生したステーションワゴンとして登場した初代「V60」は、流麗なフォルムを持つステーションワゴンであり、先進の安全装備を搭載していたことで高い評価を得ます。

 2018年に発売された2代目V60はしっかりとステーションワゴンのフォルムながら、低く伸びやかな美しいフォルムと、ボルボらしい力強いフロントフェイスが特徴です。

 また、新世代ボルボを象徴する「トールハンマー型」LEDデイタイム・ランニングライトや、リアゲートに回り込んだテールライトなど、ひと目でボルボとわかるアイコンを表現。

 日本仕様のV60に搭載されるパワーユニットは、「T5シリーズ」に最高出力254馬力の2リッター直列4気筒ターボエンジン、「T6 Twin Engine AWD」シリーズは最高出力253馬力の2リッター直列4気筒ターボ+スーパーチャージャーエンジンに、最高出力46馬力(前)/88馬力(後)のモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムです。

 トップグレードの「T8 Twin Engine AWD」は最高出力318馬力の2リッター直列4気筒ターボ+スーパーチャージャーエンジンに、T6 Twin Engine AWDと同じモーターを組み合わせた、プラグインハイブリッドシステムとなります。

 V60シリーズの価格(消費税込、以下同様)は514万円から849万円です。

●プジョー「508 SW」

複雑なプレスラインと流れるようなフォルムが特徴の「508 SW」
複雑なプレスラインと流れるようなフォルムが特徴の「508 SW」

 2011年にデビューしたプジョー「508」は、それまでの「407」と「607」の後継にあたるモデルで、セダンとステーションワゴン(SW)がラインナップされています。

 2019年に登場した2代目508でもセダンとSWが日本に輸入され、最高出力180馬力を発揮する1.6リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンと、最高出力177馬力の2リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンが選べるようになりました。

 508 SWはシューティングブレークと呼ばれるスポーツクーペのようなスタイルでありながら、優れたユーティリティスペースを実現。

 美しいフォルムだけでなく、乗り心地とハンドリング性能を高めるために、ショックアブソーバーの減衰力を路面状況に応じリアルタイムに制御するアクティブサスペンションを採用するなど、走りも高品位なものを目指したといいます。

 508 SWシリーズの価格は450万2000円から526万6000円です。

【画像】ヤバイほど美しいステーションワゴンを別の角度から見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事