スバル新型「レガシィ」いつ登場? 日本で販売される『旧型』と徹底比較!

スバルが2019年2月に7代目新型「レガシィ」を公開してから、まもなく1年が経過します。米国ではすでに発売されている新型モデルと、日本で販売され続けている『旧型』の6代目モデルは、どんなところが違うのでしょうか。

もう待てない? 新型「レガシィ」を旧型と比較

 スバルが2019年2月に世界初公開した7代目新型「レガシィ」の発表から、まもなく1年が経過しようとしています。

 米国では2020年モデルとして、すでに2019年の秋に発売されているにも関わらず、日本では6代目モデルが継続販売されていて、2019年9月には一部改良を受けています。

 2019年12月下旬の時点ではモデルチェンジのアナウンスはありません。

 ファンが心待ちにする7代目レガシィは、どんなクルマなのか、6代目との比較とあわせて見ていきます。

北米で先行販売されるスバル新型「レガシィ」(7代目)
北米で先行販売されるスバル新型「レガシィ」(7代目)

 6代目レガシィは、セダンタイプの「B4」とSUVタイプの「アウトバック」の2モデルが設定されています。2本立てとなるこのラインナップは7代目でも継続されており、今回は初代レガシィにも設定のあったセダンタイプのB4の方に焦点を当てて比較します。

 7代目レガシィのボディサイズは、全長4840mm×全幅1840mm×全高1500mm、ホイールベース2750mmです。

 外装は、動きを感じさせるシルエットを描きつつ、厚みや立体感を持たせたボディパネルで、躍動感とたくましさが両立されたデザインとなっています。

 内装には、11.6インチ大型ディスプレイを備えたインフォテインメントシステムを新規採用。高い質感に加え、先進的な機能性を加えることで、快適な移動空間を実現したということです。

 搭載されるエンジンは、最高出力264馬力/最大トルク376Nmの2.4リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジンと、直噴化によって効率を高めた最高出力185馬力/最大トルク239Nmの2.5リッター水平対向4気筒エンジンの2種類が用意されています。

 組み合わされるトランスミッションはリニアトロニックCVTです。駆動方式には全車AWD(シンメトリカルAWD)が採用されています。

 運転支援システム「アイサイト」は全車に標準装備され、さらに、米国仕様として初の車線中央維持制御・先行車追従操舵制御(「アイサイト・ツーリングアシスト」に相当)を追加。安全運転を支援する「ドライバーフォーカスシステム」も組み合わせることで、安全性も向上させました。

 7代目レガシィの価格は、2万2745ドルから3万5895ドル(およそ249万円から393万円)です。生産は米国拠点(Subaru of Indiana Automotive, Inc.)にておこなわれます。

日本にない7代目新型 「レガシィ」どんな顔? 新旧モデルで見比べる(50枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント