クリスマスに1人ぼっちで何が悪い! お1人乗り推しなクルマ3選

12月24日は「クリスマス・イブ」です。家族や大切な人と過ごす人が多くなる一方、ひとりぼっちで過ごす人もなかにはいます。そこで、多人数乗車はできないものの、1名乗車のときに快適な「お1人乗り推しなクルマ」を3車種ピックアップして紹介します。

「ぼっち」のときこそ輝く!? 多人数乗車できないクルマたち

 今年も12月24日、すなわち「クリスマス・イブ」の夜がやってきました。クリスマスムード一色となった街がカップルで賑わう一方、家族や大切な人と家でゆったり過ごす人も多くいることでしょう。

 しかし、すべての人が誰かと過ごすわけではありません。クリスマスをひとりぼっち(以下、ぼっち)で迎え、ひとり分のケーキとチキンを買って家に帰ったり、プレゼント企画のバラエティ特番を見たりして、乾いた心を癒やすという人もなかにはいるでしょう。

 そこで、今回はぼっちの人にもオススメな、多人数乗車はできないものの個性的な一面をもつクルマを3車種ピックアップして紹介します。

●ダイハツ「ミゼットII」

1人乗り仕様の設定もあったダイハツ「ミゼットII」
1人乗り仕様の設定もあったダイハツ「ミゼットII」

 ダイハツ「ミゼットII」は、1996年に登場した軽トラックです。乗車定員は、MT仕様が1名、AT仕様が2名に設定され、ある意味ぼっちのための究極のクルマといえるでしょう。

 ボディサイズは全長2790mm×全幅1335mm×全高1705mmと、当時の軽自動車規格と比べても全長で約500mm、全幅で約100mm小さくなっています。
 
 また、価格の安さも特徴的で、発売当時に存在した1人乗り/4速MT仕様の価格は46万9000円(消費税抜)から59万9000円と、お手頃な価格に設定されていました。

 その一方、ミゼットIIの生産はベルトコンベアに乗ったラインやロボットを使わず、手作りの生産ラインでおこなわれており、これは熟練者の技術を若い人に伝承することと、熟練者の技能を十分に活用する目的からおこなわれたといいます。

 ミゼットIIには、荷台部をスチール製とした「ミゼットIIカーゴ」も存在し、ユーザーの使い方にあわせて選択することができます。

 もし、ミゼットIIの荷台をプレゼントで満載にし、街へ繰り出せば、ミゼットIIは“トナカイのそり”のような存在となるかもしれません。

●トヨタ「iQ」

 2008年に発売されたトヨタ「iQ」は、普通車(登録車)であるにも関わらず、全長が3メートルを切る非常にコンパクトなクルマです。

 標準仕様の定員は4名でしたが、快適に移動できる人数は、大人3人と子ども1人の「3+1」人でした。また、乗車定員を減らして2名乗車としたモデルも登場しました。

 ボディサイズは多くの軽自動車より400mm以上も短い全長2985mm×全幅1680mm×全高1500mmと、全長の短さの割に全幅の広さが目立つ寸法となっています。

 搭載されるパワートレインは、1リッター直列3気筒エンジンと、販売期間の途中で追加された1.3リッター直列4気筒エンジンの2種類です。

 小さいボディを採用したからこそ、万が一の際の安全性能も追求されており、後席の乗員を追突事故時に保護する「リヤウインドウカーテンシールドエアバッグ」を世界初採用しました。

 いざというときには4名乗車できるというフレキシブルさを持つiQであれば、来年のクリスマスがぼっちでなくなった場合でも安心といえます。

聖なる夜に乗りたい!「お1人乗り推し」なクルマを画像で見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント