軽SUVはブーム? 新型ハスラーと新型eKクロスを徹底比較!

人気のカテゴリであるSUVテイストを持つ軽自動車として、スズキ新型「ハスラー」と三菱「eKクロス」があります。2台の軽SUVにはどのような特徴や違いがあるのでしょうか。

雰囲気は正反対!? カワイイ系の新型ハスラーと“オラオラ顔”なeKクロス

 スズキは「ハスラー」をフルモデルチェンジし、2019年12月24日に発表しました。初代モデルは軽ワゴンとSUVの長所をあわせ持つモデルとして2013年12月24日に発表、2014年1月8日に発売され、今回で6年ぶりの全面刷新となります。

 一方、軽SUVの最新モデルとして、2019年3月28日に発売された三菱「eKクロス」があります。2台がそれぞれ持つの強みと弱点とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

(写真左から)スズキ新型「ハスラー」と三菱「eKクロス」
(写真左から)スズキ新型「ハスラー」と三菱「eKクロス」

 新型ハスラーとeKクロスは、ともに軽トールワゴンというカテゴリに属するモデルで、同じカテゴリのクルマにはスズキ「ワゴンR」やホンダ「N-WGN」、そしてeKクロスと基本設計を共有する日産「デイズ」などがあります。

 そのうえで、両車はSUVテイストを盛り込んだパーツを内外装に装着し、力強い印象のデザインとしています。しかし、新型ハスラーとeKクロスは装着される装備が異なっています。そこで、最新軽SUVモデルとなる2台の特徴と違いを比較します。

 新型ハスラーの顔つきは、丸いヘッドライトやアンダーガードが印象的で、ポップかつ可愛い印象です。これは初代モデルから継承された特徴で、リアも縦型テールランプが採用されるデザインはそのままとなります。

 ボディ側面には、窓ひとつひとつが独立感のあるデザインが採用され、さらにCピラーにも窓を追加した6ライトウインドウを採用しました。

 一方、eKワゴンのフロントフェイスには、三菱の共通デザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。縦に長く大きい3灯式LEDヘッドライトの周囲には、垂直に通したメッキバーと水平基調のグリルが配され、迫力いっぱいの顔つきです。

 ボディ側面をみると、Aピラー、Bピラー、Cピラーの一部がブラックアウトされ、ルーフのフローティング感が演出されています。また、eKワゴンのボディ後部には、ルーフスポイラーが全車標準装着されています。

 次に内装を比較すると、新型ハスラーの内装はメーター/カーナビ・オーディオ/グローブボックスがそれぞれ時計のベゼルのような枠で区切られたデザインを採用。

 ベゼルの色はボディカラーによってコーディネートが変わるほか、オプションで好きなベゼルの色を選べる(受注生産)など、遊び心が演出されています。ラゲッジルームは防汚性が高く、レジャーでも使い勝手が良いです。

 eKワゴンの内装は、ブラックを基調にブルーの差し色がコーディネートされ、クールで落ち着いたデザインです。オートエアコンパネルにはタッチパネル式が採用され、上質さも演出されています。ただし、荷室は汚れの落ちやすいタイプではありません。

新型「ハスラー」何が変わった!? 画像で見る(53枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント