アルファードとエルグランドどっちが快適? 高級ミニバン同士の上質さを比較!

高級ミニバン対決! トヨタ「アルファード」と日産「エルグランド」はどっちが快適性の高い2列目なのでしょうか。

高級ミニバンの快適性対決!

 国内市場でミニバンジャンルは定番化した人気を誇っています。なかでも、高価格帯にも関わらず一定数の売上を誇る高級ミニバンは、移動する部屋ともいえるほど車内の快適性を重要視しています。

 今回は、高級ミニバンの代名詞ともいえるトヨタ「アルファード Executive Lounge S」と元祖高級ミニバンの日産「エルグランド VIP パワーシートパッケージ」の2列目シートを中心に居住性や快適装備の部分を比較していきます。

高級ミニバン対決! トヨタ「アルファード」と日産「エルグランド」
高級ミニバン対決! トヨタ「アルファード」と日産「エルグランド」

 3代目となる現行アルファードは、姉妹車であるヴェルファイアと同じ2015年に販売を開始しました。「大空間高級サルーン」をコンセプトに開発がおこなわれ、それまでのミニバンの枠にとどまらない高級車としての新しい位置づけがなされました。

 これまで継承してきた高級感と力強さに、先進の安全技術と、後席に乗る人に対して高い満足を提供する新グレード「エグゼクティブラウンジ」を加え、大空間高級サルーンという新たな概念を体現したのが現行アルファードです。

 木目調を採用したインパネとクリーム色を基調とする車内はゆったりとした落ち着きのある空間を演出することに成功しています(ブラックを基調とした内装色の設定も存在)。

 アルファード Executive Lounge Sの2列目シートは、ゆとりあるシートサイズを実現。上質な肌触りのプレミアムナッパ本革シートを採用し、伸ばした脚をゆったりと受けとめるパワーオットマンは、電動で前後140mmの伸縮調整が可能です。

 格納式テーブルなどの加飾には、工芸品の味わいを持つ3D木目調パネルや金属調素材をあしらいました。またサードシート使用時も、シンプルなスイッチ操作でスムーズに乗降できます。

 また、2列目シートにはふたつの機能を搭載。ベンチレーションシートは、背もたれと座面から爽やかな風が吹き出て、夏の暑い日にも、シートと密着している背中や足腰の蒸れを防げるほか、温度調節ができ、即温性に優れた温熱シートを採用。長時間座っていると負担のかかりやすい肩や腰、寒い日に冷えやすい脚部に快適なぬくもりを伝えます。

 さらに、アルファード Executive Lounge Sの後席には、13.3インチディスプレイを設定。各種コンテンツを迫力ある大画面で楽しめるうえに、後席独立機能により、前席と後席で別々の音声を聞くことも可能です。

 アルファードの内装について、トヨタの販売店スタッフは次のように話します。

「アルファードのExecutive Loungeは、高級なホテルに滞在するような上質な空間を演出するように作られています。とくに、包み込みような2列目シートは極上の座り心地です。

 また、2列目シートには大型アームレストに収納式テーブルが付いているほか、スマホの充電時に収納しておけるスペースも完備されています」

※ ※ ※

 安全装備は、「プリクラッシュセーフティ」や「レーントレーシングアシスト[LTA]」、「ロードサインアシスト[RSA]」などが全車標準装備されています。

 現行アルファードには、ガソリン車とハイブリッド車が設定され、車体本体価格(消費税込、以下同様)はガソリン車「Sグレード(2WD/8人乗り)」の386万4000円からハイブリッド車「HYBRID Executive Lounge S(E-Four(4WD)/7人乗り)」の775万2000円です。

【極上の内装対決!!】アルファードVSエルグランド(31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 30アルヴェル何ですがセンターパネル付近からの異音に悩まされています

    アルヴェルのグループ内で聞いたところコメントしてくれた14台が同じように異音がすると言うことでした

    これを何とかリコールまでに持ち込みたいのですがどうすればいいのかと思います

    よろしくお願いします