トヨタ新型「ヤリス」は36.0km/Lの超低燃費! 価格は139万円で2020年2月10日発売

トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」の後継車として、新型「ヤリス」が2020年2月10日に発売されます。WLTCモード燃費は36.0km/Lとクラス世界トップレベルの低燃費を実現しました。

トヨタ「ヴィッツ」がフルモデルチェンジで新型「ヤリス」に

 トヨタは新型「ヤリス」を、全国のネッツ店、トヨタモビリティ東京、トヨタ西東京カローラを通じて2020年2月10日より発売します。「ヴィッツ」の後継車としてデビューする新型ヤリスは、どのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ新型「ヤリス」
トヨタ新型「ヤリス」

 新型ヤリスは、コンパクトカーならではの軽快なハンドリングをいかしつつ、上質な乗り心地と最新の安全・安心技術を備えたクルマを目指したといいます。

 コンパクトカー向けのTNGAプラットフォーム(GA-B)を新開発し、軽量で高剛性、低重心のボディを実現しました。

 パワートレインは、新開発の1.5リッター直列3気筒ダイナミックフォースエンジンを採用した新世代ハイブリッドシステムを設定しました。

 力強くシームレスな走りとともに、WLTCモード燃費はクラス世界トップレベルの36.0km/L(市街地モード:37.5km/L・郊外モード:40.2km/L・高速道路モード:33.4km/L)を実現しています。

 また、ハイブリッド車は、トヨタのコンパクトカーとして初めてE-Four(電気式4WDシステム)を搭載しました。

 ガソリン車においては、新開発の1.5リッター直列3気筒ダイナミックフォースエンジンに、トランスミッションは、スムーズでダイレクトな加速を実現するDirect Shift-CVT(ダイレクトシフトCVT)または6速MTを組み合わせました。

 なお、ダイレクトシフトCVT搭載車の駆動方式は、2WD(FF)と4WDが設定されています。ガソリン車の4WDについては、2020年4月発売予定です。

 さらに、改良を加えた1リッターエンジンと小型軽量化したCVTとの組み合わせもラインナップ。1.5リッターハイブリッド、1.5リッターガソリン、1リッターガソリンと、ユーザーの選択肢の幅を広げました。

 安全装備については、トヨタ初となる高度駐車支援システム「Toyota Teammate[Advanced Park(パノラミックビューモニター機能付)]」や、交差点右折時の対向直進車や右左折後の横断歩行者も検知対象として「Toyota Safety Sense」を、エントリーグレード以外の全車に標準装備しています。

 機能面では、スマートフォンと連携する「ディスプレイオーディオ」を全車標準装備するとともに、楽に乗り降りできる「ターンチルトシート」をオプション設定しています。

 そのほか、1500Wのアクセサリーコンセントをハイブリッド車にオプション設定。家庭用と同じコンセントを通じて電化製品が使用できるほか、停電時などの非常時には発電機として使用することができます。

 新型ヤリスの価格(消費税込)は、1リッターガソリンが139万9500円から161万3000円、1.5リッターガソリンが154万3000円から212万4000円、1.5リッターハイブリッドが199万8000円から249万3000円です。

 新型ヤリスと従来型のヴィッツの量販グレードの価格を比較すると、ヤリス 1.5リッターガソリンの「X 2WD ダイレクトシフトCVT」が159万8000円、ヴィッツの1.3リッターガソリン「F 2WD Super CVT-i」が150万9200円で、その差は8万8800円です。

 主な装備の差としては、安全支援システムの「Toyota Safety Sense」やディスプレイオーディオ、カーテンシールドエアバッグなどが新型ヤリスに設定されるうえ、排気量や最高出力なども向上しています。

 新型ヤリスはプラットフォームやパワートレインを新開発して軽快で上質な乗り心地とスムーズとダイレクトな加速を実現するとともに、最新の安全・安全技術と装備を充実させたうえでの戦略的な価格設定としました。

 加えて、新型ヤリスには、ウェルキャブシリーズとして、35kgまでの車いすをラゲッジルームへスムーズに格納できる「車いす収納装置付車」を設定。電動で格納されるため、容易に積み下ろすことが可能です。

「タイプI」には助手席が回転しながらチルトするターンチルトシートを、「タイプII」には助手席に加え、運転席にもターンチルトシートを標準装備しています。

 車いす収納装置付車の価格(消費税非課税)は、156万9000円から218万3000円です。

新型「ヤリス」は豊富なカラーバリエーション! 詳細写真でチェック(59枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. この記事の見出し
    『トヨタ新型「ヤリス」は36.0km/Lの超低燃費! 価格は139万円で2020年2月10日発売』

    だと、ヤリスはお値段が139万円で36.0km/Lの低燃費を実現しているかのような印象を受けますが、実際は139万円は1Lガソリンのモデルで、36.0km/Lの超低燃費は200万円近くにもなるハイブリッドモデルの話しですよね??
    わざと目立つような見出しをつけてるのでとすると少し悪質ですねー