語り継がれる名機! 昭和・平成を駆け抜けた傑作トヨタエンジン搭載車5選

トヨタの1.6リッター4気筒エンジンといえば「4A-G」が思い浮かぶ人が多いはず。「ハチロク」から搭載がはじまった4A-G型は、1980年代から1990年代のトヨタを代表するスポーツユニットです。そこで、名機4A-G型エンジンを搭載するモデル5車種をピックアップして紹介します。

トヨタが誇る高回転型4気筒エンジン、4A-G型搭載車を振り返る

 トヨタ車に搭載された1.6リッター4気筒の高性能エンジンといえば、1970年代から「2T-G型」エンジンがその役を担っていましたが、1983年に次世代の「4A-G型」が登場。後に「ハチロク」と呼ばれて親しまれる「AE86型 カローラレビン/スプリンタートレノ」に初めて搭載されました。

若者の憧れだった「4A-G型」エンジン搭載車(画像は「MR2」)
若者の憧れだった「4A-G型」エンジン搭載車(画像は「MR2」)

 4A-G型は高性能なスペックと高回転型の刺激的なフィーリングで人気となり、次いで「カリーナ1600GT」や「セリカ1600GT」、「MR2」などにも搭載。

 後に5バルブヘッドを搭載することでさらに高出力化し、トヨタの量産型高性能エンジンの代表格となりました。

 そこで、4A-G型エンジンを搭載するクルマの中から、とくに印象深い5車種をピックアップして紹介します。

●カローラレビン/スプリンタートレノ【4A-GEU型】

「4A-G型」を初めて搭載した「AE86型 カローラレビン」
「4A-G型」を初めて搭載した「AE86型 カローラレビン」

 1983年にモデルチェンジされた「カローラレビン/スプリンタートレノ」(以下、レビン/トレノ)の「GT APEX」と「GTV」「GT」グレードに、新世代の1.6リッター直列4気筒DOHC16バルブエンジン「4A-GEU型」が初めて搭載されました。

 最高出力130馬力/6600rpm、最大トルク15.2kgm/5200rpm(グロス)という性能で、これまでの「2T-GEU型」を超える性能かつ、大幅に小型化されたエンジンとなりました。

 レブリミットが7700rpmとされたことから当時としてはかなりの高回転型エンジンで、搭載されたレビン/トレノは、車両型式が「AE86型」だったことから「ハチロク」の愛称で人気車種となりました。

 シャシは先代の「TE71型」から大きく変わっていなかったため、限界はそれほど高くないFR車でしたが、かえって「操る楽しさ」を見出すドライバーが多く、一般道でのスポーティなドライビングだけでなく、サーキット走行やジムカーナなどの競技用としても愛されました。

 さらに、走り屋系コミック「頭文字D」のヒットにより、レビンだけでなくトレノの人気も上昇し、いまに至っています。

●カローラFX【4A-GELU型】

「カローラシリーズ」の派生車「カローラFX」には「4A-G型」を横置きに搭載
「カローラシリーズ」の派生車「カローラFX」には「4A-G型」を横置きに搭載

 1984年にカローラの派生車種としてデビューした「カローラFX」は、トップグレードの「GT」に横置きにした「4A-GELU型」エンジンを搭載し、欧州のハッチバック車のような洗練されたスタイルでFF派から人気となります。

 搭載された4A-GELU型エンジンは、レビン/トレノと同じスペックで、最高出力130馬力、最大トルク15.2kgm(グロス)の高回転型ユニットでした。

 同時期にホンダ「シビック」に追加された1.6リッターDOHCエンジンを搭載する「Si」グレードは、ロングストロークにより中低回転域のトルクが高いのが特徴で、カローラFX GTはもちろんレビン/トレノをも脅かす存在となります。

 1980年代後半の全日本ツーリングカー選手権にカローラFXもレビン/トレノと共に参戦しましたが、すぐにシビックSiも参戦し、1985年に1勝をあげるなど常に4A-Gエンジン搭載車を脅かし続け、1993年に同レースが終焉するまで、1.6リッタークラスにおけるトヨタ対ホンダの争いが続きました。

●MR2スーパーチャージャー【4A-GZE型】

国産初のミッドシップスポーツ「MR2」の内装
国産初のミッドシップスポーツ「MR2」の内装

 1984年に国内自動車メーカー初の量産ミッドシップ車として登場したトヨタ「MR2」は、コンパクトなボディに「4A-GELU型」エンジンをリアに搭載し、軽快なコーナーリングが特徴のスポーツカーとして人気となります。

 一方で、ミッドシップらしい速さを追求すると、一般ドライバーには操縦性がシビアになってしまうことを避けるため、比較的マイルドなサスペンションセッティングで乗りやすさも重視されました。

 1986年のマイナーチェンジでは最高出力145馬力、最大トルク19.0kgmを発生しながら、アクセルレスポンスや低中回転域から出力特性に優れるスーパーチャージャー付き「4A-GZE型」エンジン搭載車をラインナップ。

 同時に、ルーフの一部が脱着できるTバールーフ仕様車が登場し、デートカー的な要素も取り入れられました。

 さらに、パワーが増大しただけでなく「ADパッケージ仕様」では、主にサスペンションに手が入れられ、ミッドシップ車らしいフィーリングを色濃くし、より速いコーナーリングも可能となりました。

【画像】名機「4A-G型」エンジンの搭載された車種はこんなに多彩だった!(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 原型のA型は非力だけどね
    カローラがFFになった初代のマイナーでは1300ccだけはスターレット用の2E型を載せたり、実はこの12バルブのE型エンジンが元気なエンジンで名機ならこちらのほうではないのかね?
    またカローラFR末期まで継承されたOHVのK型系エンジンもトヨタの傑作エンジンだろね
    何しろ初代カローラやカローラスプリンターから熟成されたエンジンなので規制の縛りの無かった有鉛ハイオク時代にはそれこそ4AGとはまた違う世界の名機だったのではないかな?

  2. 私の中での1.6リッター名機は4A-GEUではなくて、2T-Gや。排ガス規制前のね。