日本人が手掛けたメタルなアメ車が米国で大人気! カスタム本場も驚く緻密な職人技に話題沸騰

日本人のカスタムカーアーティストが手掛ける、メタル塗装と彫刻が施されたカスタムカーがアメリカで話題になっています。特殊な技法を用いて作られるカスタムカーとは、どのようなものなのでしょうか。

数々のショーで高い評価を受ける日本人カスタムカーアーティスト

 ボディ全体に特殊なメタル塗装と手彫りの彫刻が施された1958年式シボレー「インパラ」が、米国・ラスベガスで開催される世界最大規模のカスタム&チューニングカー見本市であるSEMAショー2018に出展されました。

メタル塗装と手彫りが美しいシボレー「インパラ」(1958年式)のカスタムカー
メタル塗装と手彫りが美しいシボレー「インパラ」(1958年式)のカスタムカー

 その後、2019年1月に開催された東京オートサロン2019の「国際カスタムカーコンテスト」で最優秀賞グランプリを獲得。

 2019年10月末より開催された第46回東京モーターショーにも展示され、今後はカスタムの本場であるアメリカ・カリフォルニア州サンディエゴにあるサンディエゴ自動車博物館に展示されることになりました。

 このインパラは、日本人のカスタムカーアーティスト井澤孝彦氏が手掛けた作品で、まさに走る芸術品といえます。なぜ、サンディエゴ自動車博物館に招待されることになったのでしょうか。

 井澤氏は、ディーラー整備工場の塗装部門などで経験を積み、2016年にカスタムカー製作をメインとする株式会社ROHAN(IZAWA ART DESIGN)を立ち上げました。東京オートサロンではKUHL RACING JAPANのブースに複数のカスタムカーを出展しています。

 2015年からSEMAショーに井澤氏がカスタムペイントを手掛けた車両が展示されるようになり、2018年からはROHAN(IZAWA ART DESIGN)として自社ブースの出展も開始しました。

 カスタムの本場アメリカにおいても、井澤氏の斬新な手法で作られた車両はどれも大絶賛を受け、2019年3月にはNHKが世界に展開する国際放送「NHKワールド」で井澤氏製作のインパラが紹介されて話題を集めました。

 数々のカスタムカーを手掛けてきた井澤氏が最初に世界を驚かせたのは、金銀2台の日産「GT-R」でした。

 2015年のSEMAショーに出展された銀色のGT-Rは、大阪オートメッセで総合グランプリを獲得、翌年2016年のSEMAショーに出展された黄金色のGT-Rも大阪オートメッセで総合グランプリを獲得しています。

 さらにこれらの金銀GT-Rは、中東アブダビ(UAE)のカーショーに出展し、同年SEMAショーに出展されたことで大変な話題となり、世界のセレブから購入希望が殺到したといいます。黄金GT-Rはドバイの日産ディーラーにも長期間展示されるなど、大きな反響がありました。

 これらのカスタムカーを初めて見る人からは「ラッピングでしょ?」といわれるそうですが、印刷されたフィルムをボディに施工するラッピングではなく、すべて特殊な塗装と手彫りで作られています。

 芸術的なカスタムカーについて、井澤氏は次のように話します。

「エングレイビングはカスタムカーの技術のひとつで、イスラム芸術から生まれた彫刻をアメリカのカスタムカー好きがローライダーの鉄製バンパーに彫ったのが始まりです。

 ただし、バンパーやドアミラーなどパーツの一部におこなうのが一般的で、ボディ全体に施したのは私が製作した銀色のGT-Rが世界初です。

 金と銀の塗料は、塗料メーカーと一緒に開発しました。耐久性や耐候性など、現在使われている自動車用塗料と同じ水準になるまでにはかなりの時間を要しましたが、世界初のメタル塗料です」

 ちなみに、金と銀では、金色の方が圧倒的に手間がかかるとのことでした。

アメリカで絶賛された「シボレー・インパラ」と「GT-R」を画像でチェック(17枚)

【格安航空券・早いほどお得!】春休みの予定はもう決めた?

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント