ホンダ新型「シティ」を世界初公開! 世界60以上の国や地域で発売される新型モデル発売へ

ホンダは、2019年11月25日にコンパクトセダンの新型「シティ」をタイで世界初公開しました。5代目となるこのモデルはどのような進化を遂げたのでしょうか。

5代目となる新型シティを世界初公開!

 ホンダのタイにおける四輪車の生産販売合弁会社であるホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッド(以下、HATC)は、2019年11月25日にコンパクトセダンの新型「シティ」を世界で初公開しました。

タイで世界初公開された新型「シティ」
タイで世界初公開された新型「シティ」

 初公開された5代目となるコンパクトセダンの新型シティは、これまで歴代モデルが世界中のユーザーから高評価だったコンパクトセダンです。新型モデルでは、広々とした室内空間はそのままに、スポーティでシャープなエクステリアと上質で機能的なインテリアデザインに生まれ変わったといいます。

 タイ市場向けには、1リッター直列3気筒ターボエンジンを採用することで、よりトルクフルな走りを実現。最新の環境基準に対応しながらも、現行の1.5リッター自然吸気エンジンをしのぐ力強い走りと、圧倒的な低燃費を両立させました。

 また、シティとしては初めて、スポーティグレードである「RS」をラインナップに追加するとしています。

 新型シティについて、本田技研工業株式会社 アジア・大洋州地域本部長の五十嵐雅行氏は、次のように話します。

「シティは、初代からの累計販売台数が400万台を超え、現在は世界60以上の国と地域で販売されています。全世界販売台数の約7割がアジア・大洋州地域での販売であり、ホンダを代表するコンパクトセダンとして、非常に重要なモデルです。

 とくにタイでは、2019年の国内販売台数が世界トップを記録する見通しです。ホンダはこれからも、新型シティをはじめ、お客さまの期待を上回る製品を提供し続けることに全力を尽くしてまいります」

 新型シティは、タイ国内での発売を皮切りに、今後はほかの国でも発売を予定しています。

 なお、4代目となる現行シティは1.5リッターガソリンエンジン(最高出力117馬力)となり、CVT仕様とMT仕様が設定されています。現地の車両価格帯は、現地価格550,000バーツ(約198万円)から751,000バーツ(約270万円)です。
 
 初代シティは、アジア圏向けのモデルとして1996年に登場し、4代目となる現行シティは2014年1月に発表され、同年12月にはグレイスとして、日本市場にも導入されました。

 日本市場でのグレイスは、レジェンド、クラリティ(PHEV/FUEL CELL)、アコード、インサイト、シビックというセダンのラインナップにおけるエントリーモデルとしての立ち位置で販売されています。

 グレイスには、1.5リッターのガソリン車(最高出力132馬力)とハイブリッド車(エンジン:最高出力110馬力/モーター:29.5馬力)の2種類を設定。日本での価格(消費税込)は、180万1800円から261万6900円(特別仕様車を除く)です。

 現行シティは、タイで登場した約1年後に日本でグレイスとして登場していることから、次期型のグレイスも2020年後半にはフルモデルチェンジをするかもしれません。

小さくてカッコイイ? 新型シティを画像で見る!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 新型シティーが次期グレイスとして日本導入される事を期待します。もし、導入される事があれば、すぐに、購入を検討したいと思うでしょう。

  2. もし、日本に導入される事があれば、すぐに、購入を検討したいと思うでしょう。