ファミリーカーは経済性を重視? ホンダ新型「フリード ハイブリッド」の実燃費を徹底調査

2019年10月にマイナーチェンジを受けたホンダ新型「フリード」の実燃費は、どれくらいなのでしょうか。今回はハイブリッドモデルの燃費テストを実施。高速道路やワインディング、一般道を実際に走って、燃費を測定してみました。

マイチェン直後の新型「フリード ハイブリッド」の実燃費をテスト

 ホンダの人気コンパクトミニバン「フリード」は、2019年10月にマイナーチェンジを受け、内外装のデザインを刷新しました。

 さらにクロスオーバースタイルの「クロスター」グレードを追加し、同ジャンルのライバル車であるトヨタ「シエンタ」を猛追する体制を整えてきました。

ホンダ新型「フリード ハイブリッド」
ホンダ新型「フリード ハイブリッド」

 今回のマイナーチェンジでは、ガソリン車にブレーキ操作ステップダウンシフト制御が新たに採用したことが発表されていますが、ハイブリッドモデルでも燃焼技術の改善などで熱損失低減や、ノッキング抑制によってJC08モード燃費で従来型よりも0.2km/Lから0.8km/L向上しています。

 そこで、新型フリードハイブリッドの燃費をチェックしてみることにしました。

 今回燃費測定に駆り出したのは、「フリードHYBRID G Honda SENSING」の6人乗りモデルで、メーカーオプションの「1列目シート用 i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム」が装着されています。JC08モード燃費は27.4km/L、WLTCモード燃費は20.8km/Lです。

 走行ルートは、高速道(東名 東京インター⇒小田原厚木道路 小田原西インター)、ワインディング路(ターンパイク箱根⇒箱根新道⇒西湘バイパス 西湘PA)、一般道(国道129号⇒国道246号)の3セクションとし、約180kmの道のりでテストします。

 その結果は、181.9kmの走行で燃費は25.7km/Lという数値になりました(車両の燃費計を使用)。カタログ上での燃費数値はWLTCモード燃費で20.8km/Lですから、WLTCモード燃費を超える結果となりました。

 なお、今回の走行モードはすべて「ECON」モード、エアコンは25度設定のフルオート、クルーズコントロールは未使用としています。

●高速道

走行距離:73.1km
実燃費:28.7km/L

 高速道は、東京インターから東名高速に入り、小田原厚木道路を通るルートです。平日の午前中ということもあり、走行車両はトラックなどの働くクルマが中心で淡々とした流れとなっていました。

 今回も周囲の流れを乱さないことを念頭に法定速度で走行すると、メーター上の燃費計は28.7km/Lをマーク。WLTC高速道路モード燃費は21.9km/Lですから、カタログ燃費を大幅に超える数値となりました。

 これはハイブリッドモデルに搭載されるSPORT HYBRID i-DCDの7速ミッションが一定速でのクルージング時にエンジンを低回転に保ってくれたのが好記録をアシストしてくれた模様です。

顔面がツルっとした!? マイチェンしたホンダ「フリード」を画像で見る(48枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー