トヨタ新型「ヤリス」は燃費も「アクア」超え!? 国産コンパクトカー燃費ランキングTOP3

トヨタが2019年10月16日に世界初公開した新型「ヤリス」は、世界トップレベルの低燃費性能を持つとされています。これにより、国産コンパクトカーの燃費競争がまた激しさを増す可能性があり、人気車種の顔ぶれに変化が起きるかもしれません。そこで、現行国産コンパクトカーの低燃費トップ3を紹介しつつ、新型「ヤリス」や新型「フィット」などの注目車種の特徴を紹介します。

2020年に国産コンパクトカーの燃費戦争が激化!?

 トヨタは、2019年10月16日に新型コンパクトカー「ヤリス」を世界初公開しました。国内市場では、日本名の「ヴィッツ」から海外名「ヤリス」に車名変更したうえでの全面刷新となっています。

 そんななか、新型ヤリスのハイブリッド仕様は、世界最高レベルの低燃費が開発目標であると明かされていることから、現在販売されている国産コンパクトカーの燃費性能も超えてくると予想されます。そこで、2019年10月時点の現行国産コンパクトカーの燃費トップ3を紹介します。

2020年2月の発売が予定されているトヨタ新型「ヤリス」
2020年2月の発売が予定されているトヨタ新型「ヤリス」

●1位 トヨタ「アクア」 JC08モード燃費 38.0km/L

 トヨタ「アクア」は、2011年に発売されたハイブリッド専用のコンパクトカーです。世界初の量産ハイブリッド乗用車である同社の「プリウス」に採用されたハイブリッドシステムをコンパクトサイズのボディに搭載したことで、扱いやすいボディサイズと世界最高クラスの低燃費を両立しました。

 発売以来一度もフルモデルチェンジがおこなわれておらず、2019年時点で発売から約8年が経過しました。しかし、人気は依然衰えておらず、日本自動車販売協会連合会の2019年度上半期(4月から9月、以下同様)の新車販売ランキングでは、コンパクトカーカテゴリーにおいて2位(販売台数5万1168台:総合4位)を獲得しています。

 人気の理由としては、コンパクトカーカテゴリーにおいてトップの燃費性能を持っていることに加え、改良や特別仕様車の追加などを度々おこなっていることが要因のひとつに挙げられるでしょう。

 2019年10月4日には、アウトドアテイストの特別仕様車「S“GLAMPER”(グランパー)」が発売されており、専用ヘッドライトやドアミラーカバー/ドアハンドル/ホイールキャップのブラック加飾が、精悍な雰囲気を演出。こちらも、人気の仕様となりそうです。

●2位タイ ホンダ「フィット ハイブリッド」 JC08モード燃費 37.2km/L

 ホンダ「フィット」は、初代モデルが2001年に発売されたコンパクトカーで、2013年に発売された現行モデルで3代目となります。2代目フィットからは、ハイブリッド仕様が追加設定され、3代目フィットでは発売当初からハイブリッド仕様が設定されました。

 現行型フィットの直近の販売状況は、前出の2019年度上半期新車販売ランキングにおいてコンパクトカーの5位(販売台数4万3287台:総合11位)と、トヨタ/日産をはじめとした他社のコンパクトカーに水をあけられている状況です。

 そんななかホンダは2019年10月23日に、第46回東京モーターショー2019において4代目となる新型フィットを世界初公開しました。

 新型フィットのハイブリッド仕様には、新開発の2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」がホンダのコンパクトカーとして初搭載されており、新型ヤリスや現行の国産コンパクトカーに対して、燃費性能がどれほどになるのか、注目されます。

小型車戦国時代! 「ヤリス」「フィット」続々登場の新型コンパクトを画像で見る(57枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ヴィッツハイブリッド大好き.最近は横浜から横須賀まで1ℓ30km達成することなんかいかあります。形も、マルクやさしい感じで、後姿はきゅっと閉まっていて素敵です。圏央道も湾岸も首都高もスイスイはしります。ヤリスはヤリスで、ヴィッツはヴィッツとして残してほしいです。キリキリしている世相の中、やさしさある丸みある車をもとめます。