日産新型SUV「キックス」2020年夏に登場? 競合車C-HR&ヴェゼルの対抗なるか

日産が、2020年の初夏に新型の小型SUVを導入するという噂が出ています。導入されるのは、主に南米や中国市場向けに開発された「キックス」というクルマです。では、日本未導入のキックスとはどのようなモデルなのでしょうか。

新型ジュークの代わりに南米市場向けの「キックス」が日本登場か

 日産は、2020年の初夏に新型モデルとなる小型SUV「キックス」を投入するのではないかと噂されています。新型「ジューク」ではなく、導入が噂されるキックスとはどのようなモデルなのでしょうか。

2020年に日本導入が噂される日産「キックス」(画像は北米仕様)
2020年に日本導入が噂される日産「キックス」(画像は北米仕様)

 2019年9月に同社小型SUVのジュークが欧州でフルモデルチェンジされたことで、2代目ジュークが国内市場に導入されると予想されていました。

 しかし、日産は「新型ジュークは、現時点で日本に導入する計画はありません」とコメントしていることから、当面の間は日本では旧型モデルのジュークが継続販売されるようです。

 そんななか、2020年の初夏に主に北米や南米、アジア圏市場を中心に販売している小型SUVのキックスを日本に導入するのではないかという噂がでています。

 初代キックスは、三菱「パジェロミニ」のOEM車として販売され、現行モデルは、2016年に登場し現在では世界80カ国以上で販売されているモデルです。

 新型ジュークや日本未導入のキックスについて、日産の販売店は次のように話します。

「先日、新型ジュークが発表された際は日本での発売に関してお客さまから問合せを頂きました。しかし、その時点では詳しい情報が無かったのですが、その後のニュースなどで日本への導入予定が無いと報道されて以降、問合せは減りました。

 また、キックスの日本導入について販売店には情報は来ていませんが、導入する可能性もあるという噂は耳にしています。現状では、他社に比べて新型車が少ないこともあり、新型キックスを日本に導入して欲しいという要望は確かにあると思います」

※ ※ ※

 北米市場でのキックスの価格は、1万8640ドル(約202万5599円)から2万0970ドル(227万8799ドル)です。日本に導入する場合、最近の日産車に採用されている運転支援システム「プロパイロット」や同等の先進安全機能が新たに搭載される可能性もあるため、250万円から300万円の価格帯になるのではないかと予想されます。

2020年初夏に導入なるか? 小型SUV「キックス」を画像で見る!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント