国内導入でヒットするかも!? 日本では買えない日本車3選

国産メーカーが海外市場で販売しているモデルには、国内販売していない車種がいくつもあります。そこで、もし国内販売されたら欲しくなりそうなクルマを3車種ピックアップして紹介します。

残念ながら日本では売っていない日本車

 国内メーカーは世界中でクルマを販売していますが、日本未発売の海外専用モデルが多数存在します。

 なかには、国内で販売しても売れるのではと思われるクルマもあり、過去には日本に導入されたケースもありました。

 そこで、もし国内販売されたら欲しくなりそうなクルマを3車種ピックアップして紹介します。

●日産「パトロール」

日産の最高峰SUVに君臨する「パトロール」(画像は2019年モデルの「パトロール ニスモ」)
日産の最高峰SUVに君臨する「パトロール」(画像は2019年モデルの「パトロール ニスモ」)

 日産「パトロール」は、日産の本格的4WD車としてフラッグシップに位置するモデルです。

 かつては日本でも「サファリ」の名で販売されていましたが、2007年に日本での販売が終了し、現行モデルは中東やアフリカ、オーストラリアなどで販売を続ける海外専売モデルとなっています。

 ボディサイズは、全長5315mm×全幅1995mm×全高1940mmで、日本で販売されている同社のSUV「エクストレイル」よりもはるかに大きくなっています。

 トヨタのフラッグシップSUVである「ランドクルーザー」のボディサイズは全長4950mm×全幅1980mm×全高1870mmなので、パトロールはランドクルーザーよりもさらに大柄ですが、もはやこのサイズならば使い勝手は大差ないといえるでしょう。

 搭載されるエンジンは中東仕様で400馬力を誇る5.6リッターV型8気筒、もしくは275馬力の4リッターV型6気筒で、どちらもガソリンエンジンです。

 現在の日本市場においてはランドクルーザーが安定した販売台数を維持していますが、スタイリッシュで威風堂々としたデザインのパトロールならば、日本市場で受け入れられる可能性がありそうです。

●トヨタ「アイゴ」

トヨタのもっともコンパクトなモデル「アイゴ」
トヨタのもっともコンパクトなモデル「アイゴ」

 トヨタ「アイゴ」は欧州向けに販売されているコンパクトカーです。

 日本におけるトヨタのラインナップでもっともコンパクトなクルマは「パッソ」ですが、アイゴはさらに小さく、全長3455mm×全幅1615mm×全高1460mmと、いわゆるAセグメントに属しています。

 欧州市場では各メーカーから低価格なコンパクトカーが販売されており、競争も激化しています。トヨタが取った戦略は、プジョー、シトロエンを販売するPSAグループとの共同開発をおこない、アイゴが誕生しました。

 現行モデルのアイゴは2014年に発売された2代目で、外装のデザインは日本の漫画やアニメに強くインスパイアされたものといわれています。

「X」をモチーフにしたフロントマスクや、ヘッドライトからフロントウインドウへとつながるライン、リアの大きなガラスハッチ、フロントバンパーと共通するデザインを持ったリアバンパーなどが特徴的です。

 現在日本で販売されるコンパクトカーのデザインは保守的な印象ですが、もし強い個性を持つアイゴが日本市場に導入されれば、新鮮に映るかもしれません。

ひと目で欲しい! と思えるほど魅力的な国外専用モデルを画像でチェック(19枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事