「DS3クロスバック」は唯一無二のプレミアム感 コンパクトSUV市場に旋風を巻き起こすか

2019年6月に日本に上陸したDSオートモビルの完全なるニューモデル、「DS3クロスバック」に試乗。外観も内装も、独特で強烈な個性をまとったコンパクトSUVですが、その走りはどうだったのでしょうか。

フランスの高級ブランド「DS」のSUV第2弾

「DS3クロスバック」は、グループPSA(旧名PSAプジョー・シトロエン)の高級ブランド「DSオートモビル」のコンパクトSUVです。日本では2019年6月26日から発売が開始されました。

DS3クロスバック
DS3クロスバック

 DSブランドのSUVとしては、2018年7月に日本に上陸した「DS7クロスバック」に次いで2番目のモデルとなります。

 全長4120mm×全幅1790mm×全高1550mm、ホイールベースは2560mmと、サイズ的にはBセグメントSUVというジャンルにカテゴライズされる1台です。

 パワートレーンには130馬力/230Nmを発生する新開発の1.2リッター3気筒ターボ「ピュアテック」エンジンに8速ATの「EAT8」を組み合わせ、燃費はWLTCモードで15.9km/Lという数値を記録します。

 グレードは3種類。マニュアルエアコンながら17インチアルミホイールや7インチデジタルインストルメントパネル、8エアバッグが装備された「ビーシック」は304万5000円(消費税込、以下同様)、オートエアコンやフルLEDリアライト、フロントソナーやバックカメラが標準になる「ソーシック」は363万6000円、レザーシートに18インチアルミホイール、ヘッドアップディスプレイやFOCALのHiFiスピーカーなどが標準装備される「グランシック」は411万5000円となります。

 試乗したモデルは最上級グレード「グランシック」。ボディ色は8色を用意しますが、試乗車はDS3クロスバックのイメージカラーであるブルーミレニアム(オプション:5万9400円)で、3色用意されるルーフ色は、ノアールオニキス(オプション:2万5000円)に色分けされています。

 実際に目にすると、DS3クロスバックの外観は妖しい雰囲気に包まれています。ソリッドなボディラインは、昼間の太陽の下、夕方、そして夜と、見る時間によって雰囲気を変えていきます。姿カタチはたしかにSUVなのですが、どのクルマとも似ていないデザインです。

 鍵をポケットに入れたままクルマに近づくと、ドアハンドルが自動的にポップアップし、ドライバーを出迎えます。

 ドアを開けて車内に入ると、外観以上にオリジナリティあふれる内装が待っています。ダイヤモンドパターンのスイッチとクロームのベゼル、ダイヤモンドステッチの本革シートなど、すべてが高い質感です。

「プレミアム」をフランス流に解釈するとこうなる!「 DS3クロスバック」を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント