トヨタがアルファードより大きい高級ミニバン 新型「グランエース」発表 年内国内導入へ

トヨタは、海外で発表された新型「ハイエース」の日本仕様として、新型「グランエース」を2019年10月8日に発表しました。2019年内には発売するとしていますが、先立って「東京モーターショー2019」にて実車をお披露目します。グランエースとはどのようなモデルなのでしょうか。

海外版の新型ハイエースの高級仕様 日本導入の意図とは

 トヨタは、新型「グランエース」を2019年内に発売すると発表しました。実車は、販売に先立ち同年10月24日から開始される「東京モーターショー2019」のトヨタ車体ブースに展示されます。

日本導入が熱望された新型「グランエース」の外観デザイン
日本導入が熱望された新型「グランエース」の外観デザイン

 新型グランエースは、海外ですでに発表されている新型「ハイエース」の高級版となる「グランビア」「マジェスティ」の日本仕様として国内導入されます。ボディサイズは、全長5300mm×全幅1970mm×全高1990mm、ホイールベース3210mmです。

 外観デザインは、前方に張り出したセミボンネットや約2m近いワイドなサイズを活かした迫力のあるフルサイズワゴンとなります。

 堂々としたフロントデザインは、存在感と高級感を合わせ持ち金属調加飾の大型ラジエーターグリルとヘッドランプを融合させたほか、上下左右に張り立たせることにより、迫力のあるフロントフェイスを実現。

 また、グリル枠と連動してヘッドランプに突き刺さるような特徴的なLEDデイタイムランニングライトと、クロム装飾フレームで囲んだ2眼ライトで、高級車に相応しいイメージを表現しています。

 室内サイズは、室内長3290mm(8人乗り3365mm)×室内幅1735mm×室内高1290mm。レイアウトは、ユーザーの多様なニーズに応じて、3列シート(6人乗り)と4列シート(8人乗り)を設定。

 前席の黒を基調としたインパネは、金属調加飾や木目調加飾を配して華やかさが演出されているほか、ディスプレイオーディオをはじめ、スマホアプリが使用できる機能などによって、地図アプリや音楽アプリをディスプレイに表示可能です。

 2列目と3列目には本革のキャプテンシートを採用し、ロングスライド機構やオットマンを装備することで、大人4人がくつろげる仕様になっています。

 さらに、前席背面からサイドドアパネルに配置された木目調加飾やLEDサイドカラーイルミネーションによって、落ち着きのある上質感を表現しているほか、振動や遮音対策によってあらゆる路面でも高い静粛性を追求しています。

 パワートレインは、2.8リッターディーゼルエンジンと6速ATを搭載し、低回転から力強い走行性能を発揮。リアの足回りには、新開発のトレーリングリンク式リアサスペンションを採用することで、高いボディ剛性と相まって、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を誇っています。

 先進安全装備では、歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を搭載。

 駐車時など低速走行時における衝突緩和や被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングブレーキサポート(静止物)]などのサポート装備も充実しています。

 新型グランエースの導入背景などについて、トヨタは次のように説明しています。

「日本導入の背景は、近年のインバウンドによる訪日外国人の増加や2020年の東京オリンピックに向けて送迎需要の増加が見込まれるためです。

 ベースは海外向けの新型ハイエースで、全長5m超えとかなり大柄なサイズですが、タイヤかなり切れるので一回り小さいアルファードより小回りが利くなど、日本でも問題なく使えます。

 また、日本で新型ハイエース自体を導入するわけではないので、既存のハイエース(200系)はそのまま商用バンとして販売していきます。今回の新型グランエースは、新たなジャンル(送迎など)を想定したモデルです」

※ ※ ※

 新型グランエースの日本価格はまだ明確にされていませんが、台湾やオーストラリアでは「グランビア」、タイでは「マジェスティ」という車名で発表されています。

 オーストラリアの現地価格(豪ドル)では、標準モデルの6人乗りが約460万円、8人乗りが約474万円、上級モデルVXが6人乗りと8人乗りともに約547万円です。

アルファードを超えた? 新型「グランエース」の詳細画像を見る!(54枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント