次期型ある?ない? 超ロングセラーも新型車の噂が絶えないクルマたち5選

クルマはある程度の期間を経るとモデルチェンジをおこなうのが通例ですが、近年はその期間が昔よりも長くなる傾向にあります。そこで、フルモデルチェンジすることなく販売を続けているロングセラーなクルマを5車種ピックアップして紹介します。

10年以上もフルモデルチェンジしていないクルマたち

 クルマのフルモデルチェンジサイクルは、かつて4年が目安でした。しかし、近年は6年から8年になり、日本のみならず海外でも同様な傾向にあります。

発売12年を迎える「GT-R」はまだまだ第一級の性能を誇る
発売12年を迎える「GT-R」はまだまだ第一級の性能を誇る

 どんなに魅力あるクルマでも、長く売り続けていると魅力が薄れてきてしまうため、フルモデルチェンジをおこなうか、生産を終了するかの選択が迫られます。

 一方で、フルモデルチェンジをおこなうことなく、長く販売を続けているクルマが存在。そこで、10年以上もフルモデルチェンジしていないロングセラーなモデルを5車種ピックアップして紹介します。

●三菱「デリカD:5」

唯一無二の存在で高い人気をほこる「デリカD:5」
唯一無二の存在で高い人気をほこる「デリカD:5」

 ミニバンでありながら、高いオフロード走行性能を持つ三菱「デリカD:5」は、アウトドア派のファミリー層から絶大な人気があるクルマです。

 初代「デリカ」はトラックとして1968年に発売されました。そのトラックをベースにワゴンタイプが作られ、2代目で4WDの「デリカ スターワゴン」が加わり、その後に続くデリカ=4WDというイメージが定着しました。

 現行のデリカD:5は2007年1月にデビューし、細かな改良が続けられ、2019年2月にはフロントフェイスを大幅に変更したビッグマイナーチェンジが大いに話題となりました。

 エンジンは2.2リッター直列4気筒ディーゼルと、2.3リッターと2リッター直列4気筒ガソリンの3種類が用意され、多様なニーズに応えます。とくにディーゼルエンジン車はミニバンとして唯一の存在で、デリカD:5の価値を高めています。なお、ガソリンエンジン車は従来型デザインのまま併売されています。

 4WDシステムは3つの走行モードが選べる電子制御式で、様々な路面状況に対応。最低地上高が210mmあるので、新雪路や凸凹の激しい不整路でも高い走破性を実現しています。

 デリカD:5は、ミニバンながらSUVという唯一無二の存在ですから、もうしばらくはこのまま販売されることでしょう。

●トヨタ「プレミオ/アリオン」

数少ないベーシックなセダンの「プレミオ」
数少ないベーシックなセダンの「プレミオ」

 トヨタの小型セダン「プレミオ/アリオン」は、じつは隠れたロングセラーです。現行モデルの発売は2007年6月で、何度かの改良があったもののフルモデルチェンジすることなく、もう12年以上経ちましました。

 この2台は姉妹車で、ともに初代が2001年に発売されて、現行モデルは2代目になります。

 搭載するエンジンは1.5リッター、1.8リッター、2リッターと、すべて直列4気筒ガソリンで、ハイブリッドは設定されていません。

 ボディサイズは全長4595×全幅1695×全高1475(プレミオ、2WD)と全車5ナンバー枠に収まり、市街地でも使いやすいサイズになっています。

 また、プレミオ/アリオンは、比較的年配の方がターゲットとなっており、2016年からは先進安全技術の「Toyota Safety Sense」が一部グレードを除き標準装備されるなど、安全面をサポート。

 プレミオ/アリオンには際立った特徴がありませんが、基本に忠実に作られたセダンです。そうでなければ12年以上ものロングセラーにはなり得なかったでしょう。

●トヨタ「ランドクルーザー」

世界中の悪路で活躍する「ランドクルーザー」
世界中の悪路で活躍する「ランドクルーザー」

「キング・オブ・オフロード」にふさわしい悪路走行性能と、長い歴史を誇るのが「ランドクルーザー」です。砂漠や草原、岩地や湿地など、道なき道を走るために選ばれ、いまでは世界150か国で活躍しています。

 現行モデルのランドクルーザー 200系は2007年9月に発売され、幾度かのマイナーチェンジを経ていまに至ります。

 エンジンは4.6リッターV型8気筒ガソリンエンジンを搭載し、最高出力は318馬力。組み合わされるトランスミッションは6速ATのみで、全グレードで共通です。

 走る場所によって5つの走行モードが選べ、各路面に適した4輪制御をおこなうなど、高度な電子制御により高いオフロード性能を実現してします。

 また、ランドクルーザーで特筆すべきものとして「クロールコントロール」があります。これは砂地などで車輪が埋まってしまっても、エンジンの出力とブレーキを自動でコントロールして、脱出が図れるという走行モードです。

 砂漠でタイヤが埋まって走行不能になれば、命の危機と直結しますので、世界中でランドクルーザーが選ばれるのもうなずけます。

GT-R、ランクル、新型車の噂が絶えないクルマたちを画像でチェック!(23枚)

【格安航空券・早いほどお得!】春休みの予定はもう決めた?

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 実際にゼロクラウンから先代まで使われた骨格もロングセラーだよね?
    デリカも名前が一人歩きしてるだけでロングセラーと言うよりスターワゴンとスペースギアが共販されていた時代とか何処からカウントしていいかも分からんし
    またZのように同じVQでありながらAT用のエンジンセッティングのままMTであったり客を小バカにした愚かな考えもロングセラーですよね?これに拍車なのが企業召し抱えの二枚舌の使えない場当たりな評論しかできぬ評論家達でしたね。
    一番搾りの一番乗りこそ一般ユーザーであるべきなのに結局は毎度訳の分からんドリフトの神様とか?周回遅れな評論が窓口になってしまっている現実にろくでもない車を買わされるユーザーは完全な被害者ですよね。
    生産に手間を省いた米を一般に売り付けて自分等はしっかり天日干しをした米を食す農家達と同じですね。
    本物を推す技量すら無い評論家やレーサーのコメントなんて永遠に封印しないといけませんよね