マツダの軽トラック「スクラムトラック」の安全性能が強化! サポカーSワイド対象車に

マツダは、一部改良をおこなった「スクラムトラック」を2019年9月26日に発売しました。サポカーSワイド対象車となっています。

夜間の歩行者検知機能を備えた衝突被害軽減ブレーキを採用

 マツダは、軽トラック「スクラムトラック」の一部改良をおこない、2019年9月26日より発売しました。今回の一部改良では、予防安全機能の強化がおもな変更点となっています。

一部改良を受けたマツダ「スクラムトラック」
一部改良を受けたマツダ「スクラムトラック」

 今回の一部改良では、夜間歩行者検知機能を備えた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」を「KX」グレードに標準装備し、「KCエアコン・パワステ」3速AT車にはメーカーオプション設定としました。

 デュアルカメラブレーキサポート装着車には、誤発進抑制機能(前進+後退時)、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、車線逸脱警報機能、オートライト機能、ハイビームアシスト機能、ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)&トラクション・コントロール・システム(TCS)機能をあわせて採用し、安全性能を向上しています。

 これにより、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」該当車となっています。

 また、デュアルカメラブレーキサポート標準装着のKXグレードの3速AT車および、メーカーオプション設定のKCエアコン・パワステ3速AT車には、「ヒルホールドコントロール」を採用しています。

 内外装では、KXグレードのフォグランプベゼルがメッキとなったほか、スクラムトラック全車のヒーターコントロールパネルがダイヤル式に変更されています。

 なお、今回の一部改良に先立って、2019年7月4日には同社の軽商用車「スクラムバン」と軽乗用車「スクラムワゴン」がともに一部改良を受け、夜間歩行者検知機能を備えたデュアルカメラブレーキサポートの装備をはじめとした安全性能の強化がおこなわれています。

 スクラムトラックの価格(消費税10%込)は、86万200円から129万3600円です。

トラックに先駆けてバンも改良! 「スクラムバン」と「スクラムワゴン」を写真で見る

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 忙しいね、マツダと三菱で分けて
    コースターにリエッセ、デュトロにダイナ、エルフにはアトラス
    何を遠慮してるのか知らんが同じ物は同じ物と一つの記事にすりゃいいだろ