最終が最良!? フォルクスワーゲン「ゴルフ」のディーゼルモデル「TDI」に試乗した

2013年の日本登場から6年。フォルクスワーゲン「ゴルフ」にディーゼルモデル「TDI」が導入されました。熟成された「ゴルフVII」とディーゼルエンジンの組み合わせはどうだったのでしょうか。一般道で走ってみました。

モデル末期のゴルフVIIに追加された「大本命」のディーゼルモデル

 フォルクスワーゲン「ゴルフ」は、1974年に登場したCセグメントハッチバックです。累計販売台数は3500万台を超え、トヨタ「カローラ」と並び世界のベストセラーカーです。

 現行型は7世代目で、「ゴルフVII(セブン)」と呼ばれるモデルになります。日本では2013年5月に登場、その年、輸入車としてははじめて2013−2014日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。

 2017年5月にはビッグマイナーチェンジを敢行、デジタルインターフェイスの採用や外観デザインの変更など、「ゴルフ7.5」と呼ばれるほどの進化を果たします。

 日本での発売から6年。2019年末にもドイツ本国で新型「ゴルフVIII」が発表されると噂されるこのタイミングで、ディーゼルエンジン搭載の「TDI」モデルが導入されました。

VWゴルフTDIハイライン「マイスター」
VWゴルフTDIハイライン「マイスター」

 日本でフォルクスワーゲン車を展開するフォルクスワーゲングループジャパンは、すでに2018年、「パサート」「パサートヴァリアント」「パサートオールトラック」「ティグアン」「ゴルフトゥーラン」に、ディーゼルモデルのTDIを導入しています。豊かなトルクからくる余裕の走りが好評で、全体では5割超、コンパクトSUVのティグアンでは、なんと8割超でTDIモデルが選ばれているといいます。

 今回TDIが設定されたのは、5ドアハッチバックのゴルフ、5ドアワゴンの「ゴルフヴァリアント」、そして3列7人乗りミニバン「シャラン」の3モデル。これにより、フォルクスワーゲンのTDIラインアップは8モデルに増えました。

 そのうちゴルフ/ゴルフヴァリアントに搭載されたエンジンは2リッターTDIで、150馬力/340Nmを発生します。組み合わされるトランスミッションは7速DSG(DCT)で、WLTCモード燃費は18.9km/Lと優れています。

 ゴルフ/ゴルフヴァリアントともに4グレードを用意、ゴルフTDIは323万円(消費税10%込、以下同様)から391万円、ゴルフヴァリアントTDIは337万円から405万円となっています。発売日は2019年10月1日です。

 今回試乗したのは、ゴルフTDIハイラインの特別仕様車「Meister(マイスター)」。デジタルメーター「アクティブインフォディスプレイ」や駐車支援システム「パークアシスト」、本革シートや17インチアルミホイールなどが標準装備されたモデルで、車両価格は391万円です。

完成形のVWゴルフ最終モデルに追加されたディーゼル仕様!「ゴルフTDI」を画像で見る(20枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント