フェラーリ「F8スパイダー」発表 最高時速340キロを誇る新世代ミッドシップV8オープンモデル

フェラーリは、新世代ドロップトップスポーツカーである「F8 Spider(F8スパイダー)」を発表しました。最高出力はクーペモデルの「F8トリブート」と同じ720馬力で、45km/h以下ならば走行中でもリトラクタブルハードトップを開閉可能です。

V8エンジンをミッドシップ搭載した「F8トリブート」のオープントップモデル

 フェラーリは2019年9月9日、新世代ドロップトップスポーツカー「F8 Spider(F8スパイダー)」を発表しました。

V8をミッドシップ搭載するスーパーカー「フェラーリF8スパイダー」
V8をミッドシップ搭載するスーパーカー「フェラーリF8スパイダー」

 F8スパイダーは、クーペモデルの「F8トリブート」と並行して設計されたモデルで、RHT(リトラクタブルハードトップ)を備えたモデルです。

 F8スパイダーは、1977年に「308GTS」で始まったオープントップV8のシリーズ最新モデルとなります。「488ピスタスパイダー」ほどアグレッシブではありませんが、「488スパイダー」よりもスポーティに仕上げられています。

 45km/h以内の速度であれば、走行中でもRHTを開閉することが可能で、その時間はわずか14秒といいます。トップを2パーツに分割して、エンジン上部に収容します。

 この2シーターオープンモデルにミッドシップ搭載されるエンジンは、720馬力/770Nmのスペックを誇る3.9リッターのV8ツインターボ。これは、488スパイダーに比べて50馬力/10Nmの出力向上となっています。組み合わされるトランスミッションは7速DCTの「フェラーリF1ギアボックス」です。

 搭載されるV8エンジンは特別なサウンドはそのままに、ターボラグをゼロに抑えて瞬時にパワーを発揮することを実現させています。その結果、0-100km/h加速は2.9秒、0-200km/h加速は8.2秒、最高速度340km/hと優れたパフォーマンスを発揮します。

 全長4611mm×全幅1979mm×全高1206mm、ホイールベースは2650mmというボディサイズで、200Lという荷室容量も確保しています。乾燥重量は1400kgと、先代モデルとなる488スパイダーよりも20kgの軽量化を実現しました。

 外観では完全に再設計されたリアスポイラーが目をひきます。より大きくなり、テールライトの周囲を包み込むことで視覚的に車両の重心を下げ、伝統的なツインライトクラスターとボディカラーのテールと一体化しています。

 空力面も向上。ラジエターアウトレット部の形状を、ドラッグ低減を図ると同時に最大のダウンフォースが獲得できるように再設計、その結果488スパイダーと比較して車両全体の効率が10%向上しています。
 
 室内は、フェラーリのミッドリアエンジン「ベルリネッタ」にみられるドライバー志向のクラシックな印象を保持しています。

 F1マシン同様に、ドライバーとクルマの一体化を図るコンセプトを導入、すべてのコントロールが新世代ステアリングホイールに搭載されています。またスポーツシートも最新型となります。

 新たに登場した、このフェラーリF8スパイダーの日本上陸時期は未定となっています。

V8をミッドシップ搭載するスーパーカー「フェラーリF8スパイダー」を画像で見る(9枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント